スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【同じタグを付けた記事の一覧】

PK-513L に背表紙ガイドをつける

2010年06月07日(月)19時35分

ゴムシート

PK-513L 用にゴムシートを買ってきました。
PK-513L には「台座に 1mm 程度の薄いゴムシートを張って滑り止めとし、裁断面が斜めになるのを抑える」というテクニックがありますが、そういうものではなく、厚さ 5mm の分厚いゴムシートです。
サイズは縦横 25cm の正方形で、本当は厚さ 1cm、縦 30cm、横 10cm のものが欲しかったのですが、なかったので 5mm 厚のものを二枚重ねで 1cm 厚にして使うことに。

背表紙ガイド

何に使うかというと「背表紙ガイド」です。
PK-513L は位置決めさえ終わればザックリとまとめて一気に切断できて便利ですが、「神経質なタイプ」かつ「背表紙ギリギリで切断」だったりすると、その「位置決め」に時間と手間が非常にかかります。
そこで、どうせ本の背表紙切断にしか使わないので、刃の向こう側 2~3mm のところに障害物を置いておけば、本をそこまで押し込めば調度背表紙 2~3mmで 切断できる、と「位置決め」が簡単になるなと考えたわけです。
図にするほどのことでもないのですが、まあ図にするとこんな感じです。
PK-513L背表紙ガイド

なぜゴムか

素材をゴムシートにしたのは、まず「加工がしやすいから」で、ゴムシートなら PK-513L 自体で切断加工が可能です。
それから自分の場合、背表紙はアイロンで熱してはがしてから裁断しますから、背表紙が少しデコボコになるため、それを吸収できることを期待しました。
更に重要なのは、PK-513L は厚さ 1cm 近い刃をめり込ませて切断するわけですから、物理的にその厚み分の空間が確保できないと裁断できない、ということになりますので、切断時にある程度は縮んだりしなったりして、押しのけられた紙の逃げ場ができる必要があるだろうということです。
そして最後に、あとで述べる「刃の干渉」の問題があります。

なぜ二段階か

図に描かれたとおり、背表紙ガイドは「ガイド固定用ゴム(2cm 幅)」を両面テープで固定し、その手前に非固定の「背表紙ガイド用ゴム(8cm 幅)」を置く、二段階方式にしました。
こうした理由は、一つは作りやすさで、図で見ると「背表紙ガイド用ゴム(8cm 幅)」はそのまま上から貼れそうですが、実際は刃を押し下げるための機構がかぶさっていますので、真上からまっすぐには貼れません。
幅 8cm・高さ 25cm の両面テープ付きのゴムを、斜めに差し込みながら、ミリ単位で指定位置に固定するのは難しそうだったということです。
それから、多分背表紙切断にしか使わないだろう、とはいえ絶対とはいえませんので、必要があれば外して使えるように。
最後に、これもまたあとで述べる「刃の干渉」の問題で、場合によっては「位置決め」後、裁断する前に背表紙ガイドは外さなければいけないかもしれなかったからでした。

刃の干渉

実はこの「背表紙ガイド」というアイデアは、PK-513L 購入前に考えていたことなのですが、実際に届いた PK-513L の実物を見て一度あきらめた、という経緯があったりします。
というのも、刃が思っていたより厚く、その分刃の鋭角も結構あり、当初予定していた厚さ 1cm~ の木板やプラブロックなどを切り口 2~3mm のところに置くと、刃が当たってしまうということがわかったからです。
図にするとこういう感じです。
PK-513L刃の干渉

しかし、実際に運用を開始すると、やはり「位置決め」に時間と手間がかかることがはっきりしましたので、今回の「ゴム製」かつ「二段階方式」で作ることにしたということです。

二段階方式のメリット?

で、実際使い始めると、別に裁断前に背表紙ガイドを外す必要はなく、そのまま切れました。
位置決めに時間・手間を取られることもなく、すぐに 2~3mm のところを切断できて非常に便利!だったのですが、しばらく裁断を続けると 3~4mm に拡大していきました。
両面テープみたいなものでも、最初は特性が安定せず、ある程度「余裕」のあったものが、繰り返される裁断で押されていき、これ以上は下がれないという限界点で安定した結果なのかな、とも思うわけですが、また貼りなおすのも面倒なので、「ガイド固定用ゴム(2cm 幅)」と「背表紙ガイド用ゴム(8cm 幅)」の間に 1mm のプラ版(部屋に転がってたプラ製の定規)を挟み込んでごまかしました。
二段階方式のメリット?といえるかもしれません。

関連記事

【同じタグを付けた記事の一覧】
電子ブック PK-513L

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
Amazonおまかせリンク
カテゴリ
タグクラウド
Amazonお買い得ウィジェット
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
プロフィール

電脳太助

Author:電脳太助
Website:電脳スピーチ web

RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

サイト内検索
Ads by Google
FC2アクセスランキング
Ads by Google
FC2拍手ランキング
ユーザータグ

音楽管理(66)
ポータブル(57)
ソフト紹介(44)
プログラミング(42)
音声技術(41)
自作ソフト(35)
サイト運営(32)
FC2(31)
ブログ(30)
iTunes(27)
Windows(25)
LISMO(24)
音声合成(23)
音声認識(22)
x-アプリ(22)
電子ブック(22)
eラーニング(20)
バックアップ(19)
語学学習(19)
foobar2000(18)
ソースコード(18)
WindowsLiveWriter(15)
画像管理(15)
C++(14)
アフィリエイト(10)
DnspTools(10)
fi-6130(9)
FLAC(9)
JavaScript(9)
ウォークマン(9)
英語音読学習計画(8)
Gracenote(8)
Prolog(8)
ベクター(8)
雑記(8)
CodeBlocks(7)
SyntaxHighlighter(7)
TraConv(7)
spcbght(7)
wxWidgets(7)
VirtualBox(6)
W63CA(6)
DCP-J552N(6)
WinRT(6)
WindowsLiveMesh(6)
iGoinLM(6)
英語発音矯正実験(6)
ExactAudioCopy(6)
MP3Gain(6)
LAME(5)
音楽技術(5)
Mery(5)
楽器演奏(5)
GalateaTalk(4)
nLite(4)
WindowsLiveSkyDrive(4)
ホームページ(4)
GalateaProject(4)
MIDI(4)
LLVM(4)
PC-98(3)
カウンター(3)
AACGain(3)
iTCDini(3)
OverCutChecker(3)
拍手(3)
PK-513L(3)
UniversalExtractor(3)
アクセスランキング(3)
ImageCompositeEditor(2)
アクセス解析(2)
OCR(2)
qtaacenc(2)
資格試験(1)
AquesTalk(1)
AquesCmdDl(1)

FC2アクセスランキング
最新トラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
コンピュータ
130位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ソフトウェア
12位
アクセスランキングを見る>>
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。