SkyDrive と WebDAV

2010年02月08日(日)00時11分

Windows Live SkyDrive

Windows Live Sync を使うために Windows Live ID を取得したわけですが、Windows Live ID があればもれなく 25GB もの Web ストレージである Windows Live SkyDrive が使用できる、ということで、貧乏性な自分としては、せっかく使える以上使わないと何かもったいないような気はするものの、ブラウザ経由でチマチマとアップ(ダウン)ロードする方式では、今のところ特に使いようがないなと。

SkyDrive Explorer

しかしながら「SkyDrive Explorer」という便利ソフトがあり、これを使うと Windows Live SkyDrive をエクスプローラ上で仮想フォルダとして扱えるのですが、この「SkyDrive Explorer」が「近々バージョンアップによって劇的な進化を遂げる」というようなことが公式サイトでアナウンスされているため、それを待って試してみようかと思っていました。

SkyDrive Simple Viewer for WebDAV

ところが窓の杜さんを見ていると、Windows Live SkyDrive の各フォルダの WebDAV 用アドレスを取得できるツールが公開されたという記事がありました。
で、WebDAV とは何か、を調べてみると、これはネットワークドライブや Web フォルダとして利用するためのプロトコルで、つまりこのアドレスがわかれば、何か特殊なソフトをインストールせずとも、Windows 標準の機能で Windows Live SkyDrive を仮想フォルダ的に利用できるということのようです。

その前に

「それは便利、早速使ってみよう!」というわけですが、ただこういうのは「ブラウザに表示されてるアドレスや HTML ソースから得られた情報をちょっと組み替えれば手動でもできますよ。ただ面倒なんで誰でも簡単にできるようにツールも作っときました」的な場合も結構あったりしますので、公式サイトからリンクされている「発見の経緯」的なページやソースコードをパラパラと見たところ、どうも Microsoft Office 2010 に「SkyDrive に保存する」というような機能があり、これが WebDAV を用いていることに気付いたため、それを取得することにした、ということのようです。
で、ソースコードの方にも「<ClientAppId>Microsoft Office/14.0 (Windows NT 6.1; Microsoft Word 14.0.4536; Pro)</ClientAppId>」というような記述があり、これはどうも Microsoft Office 2010 が Windows Live SkyDrive に対して行う問い合わせをエミュレートして取得しているのかな?という感じです(違うかもしれませんが)。
どちらにしても、(少なくとも自分にとっては)ブラウザをチョコチョコいじった程度でどうにかできるようなものではなさそうな気がしましたので、ここは素直にツールをダウンロードさせていただくことにしました。

DumpUrls Console Application

この取得ツールには、前述の GUI で使える「SkyDrive Simple Viewer for WebDAV」と、コマンドラインで使用する「DumpUrls Console Application」があるわけですが、「せっかくだから、俺はこのコマンドライン版を選ぶぜ!」というわけで、「DumpUrls Console Application」をダウンロードしました。
解凍すると中には「DumpUrls.exe」と「SkyDriveSimpleLibrary.dll」の二つのファイルが入っています。

DumpUrls.exe

使用法はコマンド プロンプトで「DumpUrls.exe ユーザーID パスワード」とするだけですが、結果をコンソール画面に表示されても使いづらいので、メモ帳で「DumpUrls.exe ユーザーID パスワード > DumpUrls.txt」と書いて、「DumpUrls.exe」のあるフォルダに「DumpUrls.bat」とでも名付けて保存、それを実行すれば同じフォルダに結果を記録した「DumpUrls.txt」ができてます。

(多分)ポータブル

「DumpUrls.exe」自体は、ソースコードを見ても、また使用前・後で比較しても、特にファイルを作ったりレジストリに何かを書き込んだりするわけでもないようなので、おそらくポータブルです。
そういう方面に神経質?な方にも(多分)安心な仕様だと思います(GUI版の方は知りませんが)。

「Windows XP」と「.NET Passport」

「それでは早速使ってみましょう!」ということで、メイン PC は Windows XP ですので、「マイ ネットワーク」の「ネットワーク プレースを追加する」で進めていくと、「Windows XP ユーザー アカウントに .NET Passport を追加」というダイアログが…。
「いや、変なもの追加しないでくださいよ」とキャンセルすると先に進めません。
何とか回避できないものかといろいろやっていたら、なぜだか突然先へ進めるように!
でも後で確認するとキッチリ「.NET Passport」が追加されてました。

「.NET Passport」

それで、この機能はいったい何なんだということなんですが、自分は出てきたダイアログの文面から、「.NET Passport という特殊なユーザー アカウントが新たに一つ PC に追加される」のかと思ったんですが、実際には「現在の(自分自身の)ユーザー アカウントに .NET Passport 情報を紐付けする」というもので、Windows Live サービスの一部(Hotmail やWindows  Messenger)では、この紐付けされた「.NET Passport」情報からユーザー ID やパスワードを読み込むそうです。
そしてなぜか Windows Live SkyDrive を Web フォルダとしてマウントする際に必要なユーザー ID やパスワードも、この紐付けされた「.NET Passport」から取得するらしく、これを設定しないと使えないようです。

XPでは一人一個?

そしてこの「.NET Passport」の紐付けですが、1つのアカウントにつき1個という扱いのようです(変更はできますが)。
これはつまり、いくつも Windows Live ID を取ってたくさんの Web フォルダをマウントして使い分ける、というようなことは XP の標準機能ではできない、ということになります。
というか試してみてうまくいきませんでした(何か方法があるのかもしれませんが)。
もちろん各フォルダにアクセスするたびに「.NET Passport」を書き換えていけば別できるはずですが、あまり実用的とはいえません。
Windows 7(と、多分 Vista も)では、ネットワークドライブとしてマウントしますが、これはドライブごとに ID とパスワードを設定しますので、複数 ID の同時使用が可能です(試しにやってみました)。
これはこれで、ドライブレターの数で上限はありますが。

50MB制限

とはいえ1ファイル 50MB 制限や転送速度なんかを考えれば、あまり無理して大容量を用意しても仕方がない、というより 25GB でも使い道に困るくらいではないかと思います。
1ファイルあたり 50MB の制限も、「ひょっとしたら Web フォルダとしてマウントした場合には無視されるんじゃなかろうか?」とやってみましたが、コピーこそ開始されるものの、わりに早い段階でエラーがでて中断されるので、やはり回避はされないようです。
というより 40MB 後半ぐらいのサイズになると、何回やっても転送終盤でエラーがでて失敗ました(40MB ぐらいのファイルは一発 OK でした)。
ただ、転送先フォルダにはちゃんとコピーされてて、プロパティでサイズを見てもなにやら成功しているようには見えるんですが。
「レジューム機能付きファイル転送ツール」みたいたものがないと、大容量のファイルをやり取りするのは厳しいんでしょうか。

「.NET Passport」の設定

最後におまけで。
自分のアカウントに紐付けされてる「.NET Passport」を変更したいとか、削除したいとか、そもそも紐付けされているものがあるのかどうかを確認したい、という場合には、「ファイル名を指定して実行」で「control userpasswords2」して「詳細設定 → パスワードの管理」したり、あるいは「コントロール パネル」の「ユーザー アカウント」で自分のアカウントを選択し、左側の「関連した作業」の項目にある「ネットワーク パスワードを管理する」からできます。

関連記事

【同じタグを付けた記事の一覧】
ソフト紹介 バックアップ ポータブル WindowsLiveSkyDrive

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ぶらりと Windows Live SkyDrive を WebDAV として利用するために訪れました。

えと、少しコメントさせてほしいのですが、
「.NET Passport」というのは「Windows Live ID」の昔の呼び方のことです。

Windows XP の時代に .NET の構想が出たのですが、
Windows Vista になる頃には Windows Live に変わっていて、紐付けする機能がどこかに行ってしまったようで。

ありがとうございます

はじめましてMimuraさん、そしてコメントと情報をありがとうございます。

なるほど「.NET Passport = Windows Live ID」なんですね、合点がいきました。
実はこの次の記事でWebDAVクライアントを探した時も「.NET Passport」で悩まされたもので、
「まったくMicrosoftは思いつきで新規格作っては切り捨てて!」とか思っちゃいましたが、
そうではなく、むしろ一貫してブラッシュアップしていたわけでしたか。

そういえば今回とその次の記事中の「.NET Passport」を「Windows Live」に置き換えて読めば、
ごく普通に最近のMicrosoftのWEBサービスの話ですね。
紐付けなんかは、当初は一人一個の「Live ID」で集中管理する方針をより強く押し出していたのが、
WEBサービスの潮流に合わせて若干変化させたというところでしょうか。

そして、自分自身は実はいまだに「SkyDrive」の有効な使い道を思いついてなかったりします…。
最新記事
最新コメント
Amazonおまかせリンク
カテゴリ
タグクラウド
Amazonお買い得ウィジェット
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
プロフィール

電脳太助

Author:電脳太助
Website:電脳スピーチ web

RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

サイト内検索
Ads by Google
FC2アクセスランキング
Ads by Google
FC2拍手ランキング
ユーザータグ

音楽管理(66)
ポータブル(57)
ソフト紹介(44)
プログラミング(42)
音声技術(41)
自作ソフト(35)
サイト運営(32)
FC2(31)
ブログ(30)
iTunes(27)
Windows(25)
LISMO(24)
音声合成(23)
音声認識(22)
x-アプリ(22)
電子ブック(22)
eラーニング(20)
バックアップ(19)
語学学習(19)
foobar2000(18)
ソースコード(18)
WindowsLiveWriter(15)
画像管理(15)
C++(14)
アフィリエイト(10)
DnspTools(10)
fi-6130(9)
FLAC(9)
JavaScript(9)
ウォークマン(9)
英語音読学習計画(8)
Gracenote(8)
Prolog(8)
ベクター(8)
雑記(8)
CodeBlocks(7)
SyntaxHighlighter(7)
TraConv(7)
spcbght(7)
wxWidgets(7)
VirtualBox(6)
W63CA(6)
DCP-J552N(6)
WinRT(6)
WindowsLiveMesh(6)
iGoinLM(6)
英語発音矯正実験(6)
ExactAudioCopy(6)
MP3Gain(6)
LAME(5)
音楽技術(5)
Mery(5)
楽器演奏(5)
GalateaTalk(4)
nLite(4)
WindowsLiveSkyDrive(4)
ホームページ(4)
GalateaProject(4)
MIDI(4)
LLVM(4)
PC-98(3)
カウンター(3)
AACGain(3)
iTCDini(3)
OverCutChecker(3)
拍手(3)
PK-513L(3)
UniversalExtractor(3)
アクセスランキング(3)
ImageCompositeEditor(2)
アクセス解析(2)
OCR(2)
qtaacenc(2)
資格試験(1)
AquesTalk(1)
AquesCmdDl(1)

FC2アクセスランキング
最新トラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
コンピュータ
90位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ソフトウェア
6位
アクセスランキングを見る>>
FC2カウンター