スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【同じタグを付けた記事の一覧】

WEB とフリーと広告と

2010年01月11日(月)00時24分

広告と継続性

以前x-アプリについて書いたときに「自分は広告に関しては容認派」というようなことを書きました。
「容認」を超えてもっと積極的?に「外さないで欲しい」とすら思っているかもしれません。
これは x-アプリに表示される広告に限定した話ではなく、今では WEB 上に無数存在する便利な(しかし無料の)サービスやソフトウェア全般に対してもそうです。
と言ってもその理由は「広告を見るのが楽しい」というようなことではなく、というより当然、求めてもいない情報を強制的に見せられるのは愉快なことではないので、なくてもすむのならそれにこしたことはないのですが、「自分の便利」だけでなく「相手のメリット」も見えないとそのサービスの継続性に不安を感じてしまうからです。

なくなると困る

提供されるサービスが便利であればあるほど、あるいは別に便利ではなくとも他に手段がなければ、そのサービスに対する依存度は高くなります。
そして依存度が高ければ高いほど「そのサービスが中止されてしまうととても困る」ということになります。
もちろん有料のサービスであっても中止されるリスクは普通に存在しますが、無料で広告もなく、どこから利益を得ているのか自分にはさっぱりわからないようなサービスだと、よりいっそう不安になるわけです。
それで便利なものや使わざるを得ないものに関しては「せめて広告ぐらいはつけておいてください」と。

こんなちっぽけな絵一枚で

もっとも、今現在「広告収益で運用しています」というサービスにしても、自分にとっては「こんなちっぽけな絵(広告)を一つ表示する程度のことで、この便利なサービスが維持できるだけの利益を挙げられているんだろうか?」と心配になるサービスがたくさんあったりするのですが、それでもこういうビジネスモデルから Google のような大企業が出現したことを考えれば、そういうふうに感じる自分の頭の方が固いというか考え方が古いということなのでしょうか。

ちっぽけな絵一枚すら

もっと言えば、例えば、今自分がかなり重宝している Windows Live Sync、あるいはまだ試してはいませんがずいぶん話題になった Google 日本語入力、他にも以前に紹介したことのある便利ソフト VirtualBox などは、一度インストールしてしまえば、普段の利用ではその「ちっぽけな絵」の一枚ですら目にすることはなく、このサービスを提供することで彼らにいったいどんなメリットがあるのだろうかと疑問に感じますし、それが便利であるだけに余計に「お願いですから、せめて広告収入ぐらいは得てください」と思ってしまいます。

お金が全てではないけれど

もちろん「無料かつ広告もない合理的な理由」が自分でも想像できる(それの理由が正しいかどうかは別にして)ものに関してはそれなりに納得もできます。
例えば個人で公開しているフリーソフトのようなものであれば、「お金」以外がモチベーション(自分用に作ったついで、人の役に立ちたい、技術力の証明、多くの人から賞賛を受けたい、あるいは思想信条等)になることは十分にあるだろうと思います。
公開しているだけで膨大な維持費等がかかるというようなものであれば話は別ですが、そうではなく、そして公開者の生活の手段(収入)は他にあるということなら、言ってしまえばそこからの利益がなくとも別にかまわないのだろう、と自分を納得させられるわけです。

お金は必要でしょう

ただ、営利企業に関しては「それで飯を食っている」人たちがいるわけで、たとえ評価が高く多くの支持を受けていたとしても、そのサービスで食っていけないなら、つまり利益が得られなければ終了せざるを得ない、ということになるのは当然のことです。
まして「巨額のランニングコスト(サーバ維持費等)が必要」というようなサービスであれば、なおのことでしょう。

直接的でなくても

もちろん、中には自分のような凡人では考えも及ばない高度な経営戦略に基づいて行われていることもいくらでもあるのでしょうが、自分でも無料である理由がなんとなく理解・納得できるものもあります。
無料で試しやすい環境を作って個人に間口を広げ、しかし企業が採用したとき(営利目的)は有料ですよ、とか、サポートを有料とすることで収益を上げる、というようなビジネスモデルはよく聞きます。
また、利用者からもたらされる情報や、その動向を分析することで得られる情報等に価値がある場合は、多くの参加者を集める必要がありますし、上位の有料サービスへの誘導元として存在する無料サービスというのもわかります。
他にも、例えば iTunes なら、そのユーザーが増えれば増えるほど、そしてその依存度が高まれば高まるほど、購入する DAP として iPod が選択肢に挙がる可能性が高くなり、また iTunes Store での売り上げ増も見込めますから、iTunes 自体から広告等で直接的な収入を得なくとも、iTunes を良いものにして普及させていくことで間接的に大きなメリットが得られるだろう、というようなことも理解できます。

ただの杞憂ならその方がいいのですが

と書いて、これは「x-アプリ - ウォークマン - mora」の関係についても言えることのはずですが、どうにもそういう感じがしないのが残念なところです。
どうやら欧米では結構前に「x-アプリ + ATRAC」の展開はあきらめて、ウォークマンはドラッグ & ドロップで転送、mora は撤退したそうですし、日本でも最近のウォークマンはドラッグ & ドロップに対応し、更にそれ用の、(x-アプリとは別管理になる)ファイル転送に特化したアプリケーションがリリースされたりと、そんな話を聞いていると、どうしても x-アプリの先行きに不安を感じてしまいます。
この先 x-アプリが、「mora や LISMO のしがらみがあるから放棄はしないけど、ほぼ放置ですよ」というような状況になってしまうことは、ケータイの LISMO Player を使うために x-アプリを使わざるを得ない今の自分にとっては、できれば避けてもらいたい事態です。
なので「まあ一応広告にもなってるから」程度でも「放置されない理由」か一つ増えるだけ少し安心になるので、「広告はつけておいてください」と思うわけです。

あなたのメリットを見せてください

そういうわけですので、別に「広告」に限定して賛成という話ではなく、「安心して利用するために、あなたのメリットを見せてください」という感じでしょうか。
「私にとってはとてもありがたいサービスですが、あなたにメリットがないなら近々終了してしまいませんか?」と。
ですから「相手のメリット」が見える・理解できるなら別に広告でなくとも何でもかまわないわけですが、今のところ一番わかりやすいのが「広告が貼ってあること」なので。

関連記事

【同じタグを付けた記事の一覧】
雑記

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
Amazonおまかせリンク
カテゴリ
タグクラウド
Amazonお買い得ウィジェット
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
プロフィール

電脳太助

Author:電脳太助
Website:電脳スピーチ web

RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

サイト内検索
Ads by Google
FC2アクセスランキング
Ads by Google
FC2拍手ランキング
ユーザータグ

音楽管理(66)
ポータブル(57)
ソフト紹介(44)
プログラミング(42)
音声技術(41)
自作ソフト(35)
サイト運営(32)
FC2(31)
ブログ(30)
iTunes(27)
Windows(25)
LISMO(24)
音声合成(23)
音声認識(22)
x-アプリ(22)
電子ブック(22)
eラーニング(20)
バックアップ(19)
語学学習(19)
foobar2000(18)
ソースコード(18)
WindowsLiveWriter(15)
画像管理(15)
C++(14)
アフィリエイト(10)
DnspTools(10)
fi-6130(9)
FLAC(9)
JavaScript(9)
ウォークマン(9)
英語音読学習計画(8)
Gracenote(8)
Prolog(8)
ベクター(8)
雑記(8)
CodeBlocks(7)
SyntaxHighlighter(7)
TraConv(7)
spcbght(7)
wxWidgets(7)
VirtualBox(6)
W63CA(6)
DCP-J552N(6)
WinRT(6)
WindowsLiveMesh(6)
iGoinLM(6)
英語発音矯正実験(6)
ExactAudioCopy(6)
MP3Gain(6)
LAME(5)
音楽技術(5)
Mery(5)
楽器演奏(5)
GalateaTalk(4)
nLite(4)
WindowsLiveSkyDrive(4)
ホームページ(4)
GalateaProject(4)
MIDI(4)
LLVM(4)
PC-98(3)
カウンター(3)
AACGain(3)
iTCDini(3)
OverCutChecker(3)
拍手(3)
PK-513L(3)
UniversalExtractor(3)
アクセスランキング(3)
ImageCompositeEditor(2)
アクセス解析(2)
OCR(2)
qtaacenc(2)
資格試験(1)
AquesTalk(1)
AquesCmdDl(1)

FC2アクセスランキング
最新トラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
コンピュータ
161位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ソフトウェア
19位
アクセスランキングを見る>>
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。