スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【同じタグを付けた記事の一覧】

就寝時 BGM 用 Surface RT でスリープタイマーもどき

2016年11月05日(土)23時12分

「おやすみ」から「おはよう」まで

前回「最近インターネットラジオを聴いています」で書いたとおり、このところ就寝時の BGM として、Surface RTAudials Radio というアプリを使ってインターネットラジオを聴くようになりました。
Surface RT(Windows RT)には InstantGo(旧称「Connected Standby」)という省電力機能があり、スリープ状態でも音楽系アプリの音などはそのまま聞き続けることができます。
なので就寝時には、まず Audials Radio でチャンネル設定して再生を開始し、電源ボタンを押してスリープ状態にし、音だけが流れる中で寝ていました。
もちろんその状態では「音楽が止まる」ということがないため、結果として当初は一晩中鳴りっぱなしで、つまり「おやすみ BGM」が「おはよう BGM」にもなっていたわけです。

スリープタイマー

しかしながら入眠後もずっと音楽を鳴らしていると、眠りが浅くなったタイミングでハードな曲が来たときなどに、その音で目が覚めてしまうことがあります。
また、「現実が夢に混入して夢の中でも音楽が流れている」という現象がよく起きたり、「睡眠時間は十分なのにどうにも疲れが取れない」ような感覚など、眠り自体も全体的に浅くなっているのではないかという疑念がありました。
というようなことから、1~2時間のスリープタイマーを設定し、寝入った後には音楽再生が止まるようにしたいと考えたのです。

スリープと休止状態

最初は簡単に、コントロールパネルの「電源オプション」でスリープに入るまでの時間を調整すればいいと考えていました。
ところが、よく考えれば当たり前なのですが、「スリープ」は電源ボタンを押したのと同じことですので、音は鳴り続けます。
PC のようにスリープとは別に「休止状態(ハイバネーション)」があればそれで対応できるような気がしますが、Surface RT ではそういった項目が見当たりません。

Shutdown コマンド

スリープはダメ、休止もできないとなると、残るはシャットダウンです。
Windows には Shutdown コマンドがあることを思い出し、Surface RT を探してみたところ、ちゃんと「shutdown.exe」が存在しました。
この「shutdown.exe」は、ただシャットダウンさせるだけでなく、ログアウト・休止・再起動や、指定した時間後にそれを実行するというようなこともできます。
我が家の Surface RT は現在、ほぼ「インターネットラジオ専用機」といえる状態ですので、いつシャットダウンしても困ることは特にありません。
ですので、この「shutdown.exe」で1~2時間後にシャットダウンすることで、実質的なスリープタイマーとして使うことにしました。

再起動してスリープ

ただ、普通にシャットダウンしてしまうと、翌晩に使う(ラジオを聴く)ときに起動に時間がかかって不便です。
ということでシャットダウンではなく再起動させることとし、更にスリープに入るまでの時間を最短の1分に設定しておくことで、再起動後すぐにスリープ状態に移行するようにします。

再起動 BAT ファイル

「shutdown.exe」で再起動させるためのオプションは「/r」、タイムアウト期間の指定は「/t xxx」です。
タイムアウト期間のパラメーターは秒数ですので、例えば1時間後に再起動させる場合は 3600 を与えます。
当然、30分であれば半分の 1800、2時間であれば倍の 7200 です。
つまり以下の一行だけが書かれた BAT ファイルを作り、それを実行すれば1時間後に再起動するようになります。

shutdown.exe /r /t 3600

ちなみにこの Shutdown コマンド、「システムを終了させる」という重大な結果をもたらすものですから、当然「管理者として実行」する必要があるのだろうと思っていたのですが、実際には管理者権限不要で、普通に実行しても使えます。

中断 BAT ファイル

今はデスクトップに30分~2時間の複数の再起動 BAT ファイルを置き、その日の調子によって使い分けています。
そしてそれとは別に、以下のコマンドを実行する「再起動中断 BAT ファイル」も作りました。

shutdown.exe /a

これは「寝るつもりだったがやめた」というときにも使いますが、それだけではありません。
というのも、例えば最初に「30分後」に予約し、その後やはり「1時間後」に変更したいというとき、ただ「1時間後」の再起動 BAT ファイルを実行しても、「システムのシャットダウンは既にスケジュールされています。(1190)」といわれるだけで、「1時間後」に再設定はされないのです。
なのでそういう場合には、一度この中断 BAT ファイルで現在の再起動の予約を取り消してから、改めて新しい予約を入れる必要があります。

shutdown.exe の休止オプション

そういえば「shutdown.exe」には休止状態にするための「/h」オプションがあります。
これを使えば Surface RT でも休止できるのかと試してみたところ「このシステムでは休止状態が有効になっていません。-h オプションを使うには、休止状態を有効にしてください。」という結果でした。

関連記事

【同じタグを付けた記事の一覧】
Windows 音楽管理 WinRT

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
Amazonおまかせリンク
カテゴリ
タグクラウド
Amazonお買い得ウィジェット
カレンダー
09 | 2017/03 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
プロフィール

Author:電脳太助
Website:電脳スピーチ web

RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

サイト内検索
Ads by Google
FC2アクセスランキング
Ads by Google
FC2拍手ランキング
ユーザータグ

音楽管理(65)
ポータブル(57)
ソフト紹介(44)
プログラミング(42)
音声技術(41)
自作ソフト(34)
サイト運営(32)
FC2(31)
ブログ(30)
iTunes(26)
Windows(25)
LISMO(24)
音声合成(23)
音声認識(22)
x-アプリ(22)
電子ブック(22)
eラーニング(20)
バックアップ(19)
語学学習(19)
foobar2000(18)
ソースコード(17)
画像管理(15)
WindowsLiveWriter(15)
C++(14)
アフィリエイト(10)
DnspTools(10)
ウォークマン(9)
fi-6130(9)
FLAC(9)
Gracenote(8)
英語音読学習計画(8)
Prolog(8)
JavaScript(8)
ベクター(8)
雑記(8)
CodeBlocks(7)
SyntaxHighlighter(7)
TraConv(7)
wxWidgets(7)
spcbght(7)
DCP-J552N(6)
W63CA(6)
MP3Gain(6)
WinRT(6)
iGoinLM(6)
VirtualBox(6)
WindowsLiveMesh(6)
英語発音矯正実験(6)
ExactAudioCopy(6)
楽器演奏(5)
Mery(5)
LAME(5)
音楽技術(5)
GalateaProject(4)
LLVM(4)
nLite(4)
MIDI(4)
ホームページ(4)
WindowsLiveSkyDrive(4)
GalateaTalk(4)
PC-98(3)
カウンター(3)
AACGain(3)
iTCDini(3)
OverCutChecker(3)
拍手(3)
PK-513L(3)
UniversalExtractor(3)
アクセスランキング(3)
ImageCompositeEditor(2)
アクセス解析(2)
OCR(2)
qtaacenc(2)
資格試験(1)
AquesTalk(1)
AquesCmdDl(1)

FC2アクセスランキング
最新トラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
コンピュータ
137位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ソフトウェア
12位
アクセスランキングを見る>>
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。