スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【同じタグを付けた記事の一覧】

地味に改善されていた microSD リーダ GH-CRMR-MMK

2015年05月24日(日)18時00分

GH-CRMR-MM シリーズ

GH-CRMR-MM シリーズ」は、「スマートフォンに最適な microSD 用の超小型 USB カードリーダ/ライタ」です(メーカーである GREEN HOUSE の商品ページより引用)。
色の違いで末尾の一文字が違う「GH-CRMR-MMK」と「GH-CRMR-MMW」の二種の製品が存在します。

末尾が「K」ならば「黒」、「W」であれば「白」です。
「K」は「Kuro」の「K」だと考えていたのですが、そうすると白い方は「S」になりそうなものですし、もし「W」が「White」の「W」だとすると、黒い方は「B」となるはずで、正直、なぜ「K」と「W」なのだろうかと疑問には思っています。

USB メモリとして

それはともかく。
一年半ほど前に、この GH-CRMR-MM シリーズを、「黒」と「白」の色違いで一つずつ、計2個買いました。
目的は USB メモリとして使用するためです。
もちろん、これと同じような形状の USB メモリは普通にありますし、むしろそちらを買った方が、当然ながら安くはつきます。
が、「microSD + USB 変換器」形式にしておけば、いろいろと潰しが効いて便利だろうと考え、あえてこういう選択をしました。

なぜ GH-CRMR-MM シリーズにしたのか

この手の「超小型 USB カードリーダ」はいくつかのメーカーから似たような商品が出ています。
その中でなぜこの「GH-CRMR-MM シリーズ」を選ぶのかについては、人によっては「大容量な microSDXC が使えるため」ということがあるようですが、自分にとってそれは全く重要ではなく、最大の理由は「紐(ストラップ)が付くから」というものです。
もっとも、ストラップを付けられるもの自体は他にもあります。
しかし、これは特にそのストラップで本体とキャップを繋いでおくことができる構造になっているのです。
基本的に「必要なときのみ挿して使う」という運用を目的としていましたので、その都度「キャップの置き場所を考えたり覚えておいたりする必要がない」というのは、小さい工夫かもしれませんが、自分にとっては大きな決め手となりました。
もちろん、逆に「ノート PC やカーステに挿しっぱなしで使う」というような用途であれば、ストラップを通す穴が(小さいとはいえ)突起として無駄なスペースとなりますので、別のものを選んでいたかもしれません。

旧版の問題点

で、この製品、Amazon のレビューなどでもいろいろと問題点が書かれていますが、自分が最初に買った二つ(旧版)についても、確かにそういう部分がありました。
まず、キャップが固すぎます。
どのくらいかというと、あまりに固すぎて、白い方は「キャップではなく本体のプラスチックカバーの側が抜けた」ほどです(接着が弱すぎた?)。
それについては(価格的にも手間的にも)修理に出すほどでもないと思い、とりあえず自分で接着して直したのですが、一応、予備に回すことにしました。
それで、当面は黒い方をメインとして使うことになったのですが、黒い方にはさらに「microSD の固定が弱い」という問題もあり、これは、例えば USB 端子からの抜き差し程度の衝撃でも、microSD が半分飛び出しているといった感じです。
さらにこの黒い方は、使用開始後一年程度で認識しなくなりました。
きわめて主観的ではありますが、自分はどちらかといえば電子機器は丁寧に扱う方で、また、それほど頻繁に使用(抜き差し)していたわけでもありません。
それを考えると、耐久性もあまり高くはなかったといえます(個体差もあるとは思いますが)。

でもまた買った

と、これだけ書いておいて、今回また同じ商品を買ったわけです。
というのも、キャップの固さはそのうち「慣れ」と「摩耗?」で気にならなくなりましたし、microSD のゆるさについても、毎回「挿す前」と「抜いた後」に指で押し込む程度の手間は、(自分にとっては)それほど問題でもありません。
耐久性に関しても、個体差はあるでしょうし、そもそも10年も20年も使うようなものでもなく、値段から考えてもダメになったらなったであきらめもつくだろうということもありました。
つまり、それらのことを踏まえてもなお、自分にとってこの形状が、リピート買いを決意させるほどに、十分に魅力的だったわけです。

新版は地味に改善されている?

というようなことで、新規に microSD を購入する際に、その「お供」として、またこの「GH-CRMR-MMK」も追加で買いました。
で、それが届いて最初に思ったのが、「キャップが外しやすくなっている!?」ということです。
もちろん、「ゆるゆるで簡単に取れるようになった」わけではなく、「通常時に取れるほどゆるくはなく、必要時に取れないほどきつくもない」という、まあ、言うなれば「ちょうどいい」ぐらいのキャップになっていました。
また、microSD のスロットにしても、同じく改善されているような感じです。

個体差ではない

もっとも、今回は前回と違い、一つしか買っていませんので、その一つがたまたま「当たり」だったという可能性は否定できません。
ですが、新旧二つを見比べると、明らかに形状に差異があります。
以下に両者の写真(microSD を挿入した状態の背面)を撮ってみましたが、白い旧版が microSD 全体を覆うような作りになっているのに対し、黒い新版では天板が少し短く、また二つの矩形の穴も空いています。

GH-CRMR-MM

つまり、「改善」されているかは個体差もあり断言はできませんが、少なくとも「変更」があったことは確かです。

評価が多少悪くても

ということで、何かしらの「変更」はされているわけですから、その点において、「変更前のレビュー」に関しては、一部不適切な可能性があると言えます。
そしてこういうことは、別に今回の「GH-CRMR-MM シリーズ」に限らず、他の製品においてもいくらでもありそうな話です。
これが例えば自動車のような高額商品であれば、マイナーチェンジであっても、その時期や変更点について詳細な情報が出されることでしょう。
が、そこまで高額でない商品や消耗品的なものに関しては、費用対効果等の問題で「マイナーチェンジにまでいちいち言及しない」というのは普通にあり得る話だと思います。
そう考えると、事前にレビューやなにやで情報収集した結果、あまり評価が芳しくなかったとしても、それが自分の求めるものに一番近いのであれば、「最終的には買ってみないと分からない」的な考え方もアリかなと思わせられた一件でした。

でも情報収集は大事

とはいえ、「だから事前に情報収集などするだけ無駄」ということを主張したいわけではありません。
例えば「初期のレビューが後々まで影響する」ことを逆に利用した「高評価レビューをゲット後にSSDの部品を安物に変更する手口が暴かれる」というようなこともあったようで、こういう手口に引っかかると非常に腹立たしい思いをするでしょうし、そうならないためにも、やはり事前に十分な情報を収集することは、依然として大事なことだと考えています。

せっかく変えたのであれば

それにしても、今回のケースでは、もともとの評価があまり良くないわけで、これが売り上げに少なからず影響を与えていたとしても不思議ではありませんし、もし「改善」したのであれば、そのことを明言したり、あるいは型番を変える等して、一度「評価をリセット」しても、罰は当たらないのでは?という気はします。
もっとも、製品レビューなどというものは、問題なかった人が「問題ありませんでした」とわざわざ書くことは少なく、結果として問題に遭遇した人の意見が目立つもので、どうしてもネガティブな方に偏りがちですから、メーカーとしては「そんなこといちいち気にしていられない」のかもしれません。
あるいは、「改善」を明言することで、旧製品の在庫が売れなくなって小売店から文句を言われるとか、直前に旧製品を買った人からクレームをつけられるとか、そういった問題に対処するのが面倒というような理由かもしれませんが。

お勧めです

…とまあ、ここまで長々と書いてきましたが、もし USB メモリを買うのであれば、あるいは SD メモリーカードを買うのであれば、せっかくですので、「microSD + GH-CRMR-MM シリーズ」の組み合わせにするというのは、いろいろと潰しが効いて便利である、と自負しています。
お勧めします。

関連記事

【同じタグを付けた記事の一覧】
雑記 バックアップ ポータブル

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
Amazonおまかせリンク
カテゴリ
タグクラウド
Amazonお買い得ウィジェット
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
プロフィール

電脳太助

Author:電脳太助
Website:電脳スピーチ web

RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

サイト内検索
Ads by Google
FC2アクセスランキング
Ads by Google
FC2拍手ランキング
ユーザータグ

音楽管理(66)
ポータブル(57)
ソフト紹介(44)
プログラミング(42)
音声技術(41)
自作ソフト(35)
サイト運営(32)
FC2(31)
ブログ(30)
iTunes(27)
Windows(25)
LISMO(24)
音声合成(23)
音声認識(22)
x-アプリ(22)
電子ブック(22)
eラーニング(20)
バックアップ(19)
語学学習(19)
foobar2000(18)
ソースコード(18)
WindowsLiveWriter(15)
画像管理(15)
C++(14)
アフィリエイト(10)
DnspTools(10)
fi-6130(9)
FLAC(9)
JavaScript(9)
ウォークマン(9)
英語音読学習計画(8)
Gracenote(8)
Prolog(8)
ベクター(8)
雑記(8)
CodeBlocks(7)
SyntaxHighlighter(7)
TraConv(7)
spcbght(7)
wxWidgets(7)
VirtualBox(6)
W63CA(6)
DCP-J552N(6)
WinRT(6)
WindowsLiveMesh(6)
iGoinLM(6)
英語発音矯正実験(6)
ExactAudioCopy(6)
MP3Gain(6)
LAME(5)
音楽技術(5)
Mery(5)
楽器演奏(5)
GalateaTalk(4)
nLite(4)
WindowsLiveSkyDrive(4)
ホームページ(4)
GalateaProject(4)
MIDI(4)
LLVM(4)
PC-98(3)
カウンター(3)
AACGain(3)
iTCDini(3)
OverCutChecker(3)
拍手(3)
PK-513L(3)
UniversalExtractor(3)
アクセスランキング(3)
ImageCompositeEditor(2)
アクセス解析(2)
OCR(2)
qtaacenc(2)
資格試験(1)
AquesTalk(1)
AquesCmdDl(1)

FC2アクセスランキング
最新トラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
コンピュータ
126位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ソフトウェア
12位
アクセスランキングを見る>>
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。