スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【同じタグを付けた記事の一覧】

ブラザーのプリンター DCP-J552N を入手

2014年04月21日(月)00時53分

PIXUS 6100i 昇天

これまで CANONPIXUS 6100i というプリンターを使用していたのですが、これがついに昇天いたしました。
「ついに」というのは、これまでも何度か不可動化したことがあり、そのたびに分解して洗浄・修理等の処置を施しては復活させ、騙し騙し使ってきたのですが、今回はもう、自分の技量ではどうやっても復活させることができなかったのです。
この PIXUS 6100i は、自分がいつ購入したのかは覚えていませんが、発売日が2003年4月24日となっており、10年以上前の商品ですから、プリンターという寿命の短い製品のカテゴリーに属するものとしては、比較的頑張った方だと思います。

PRIVIO BASIC DCP-J552N を入手

で、その後釜として入手したのが、今回のお題であるブラザーのプリンター&スキャナー複合機「PRIVIO BASIC DCP-J552N」です。
何故「購入」ではなく「入手」なのかと言いますと、何かのネットサービスでポイントの失効期限が近付いており、ちょうどいいタイミングでしたので、そのポイントを使用して手に入れたからです。
そして、EPSON でも CANON でも HP でもなく、あえてブラザーのこのプリンターを選んだ理由は、単にこれが貯まっていたポイントをギリギリまで使いきれる景品だったから、というだけのものであったりします。
もっとも、何かにつけて優柔不断で、ちょっとした買い物でも候補商品をいくつもピックアップし、それらの情報を大量に集めては悩みに悩み、結局どれにも決められない…、というようなことが多々ある自分としては、「選択の余地もなくこれしかない」という状況は、むしろ好都合でした。

開封

凄くどうでもいいことですが、とりあえずテープが剥がしやすく、外箱などをきれいに保存しておく神経質なタイプの自分としては好印象です。
もっとも、悪質なお店が展示品をきれいに戻して「未開封新品」として販売するようなことが簡単にできてしまう、ということを考えると、きれいに開封できるのも善し悪しですが。
付属品は取扱説明書とドライバ CD、USB ケーブルのほか、「お試し用」と書かれたL判の写真用光沢紙(BP71GLJ)3枚入りが付いていました。

コネクタ

電源ケーブルは本体直付けで外せません。
また、USB ケーブルの差し込み位置も、上蓋?を開けて奥まったところにあって、抜き差しは少し特殊です。
ブラザーというと何となく業務用なイメージがありますので、もしかしたらビジネスの現場でうっかり外れたりしないような配慮なのかもしれません。 
これまで使用していた PIXUS 6100i は、電源ケーブルも USB ケーブルも簡単に抜き差しできたため、調子が悪くなったときに取り外して分解するのが楽だったのですが、まあ普通そういうことをする人間の方が少数派だろうと思いますので、家庭用であってもケーブルなどは抜けにくいのに越したことはないのでしょうが。

音が出る

コンセントに接続すると、電子音が鳴って少し驚きました。
自分にとってプリンタのイメージは、「電子機器」よりは、どちらかというともっと原始的?な「モーターと歯車を組み合わせた機械」で止まっていますので、機械の動作音以外の音が出るのはなんとなく新鮮な感じがします。

デジカメプリント

PC に繋ぐ前にまずはテストということで、プリンター単体で出来る「デジカメプリント」を試しました。
これはプリンターにあるスロットに挿入した SD メモリカードに記録された JPEG 画像を印刷する機能です。
印刷したのは以下の画像で、少しわかりにくいのですが DCP-J552N の上蓋?を開いたところです。
USB ケーブルはここに挿して内部で迂回させて後ろから出すようになっています。
少し奥にある白い紙は印刷に使用した光沢紙で後述のように少し湾曲しています。
さらに奥にある犬の写真は DCP-J552N が入っていた外箱です。
この写真はもともと「3648 x 2736」のサイズで 容量 4.5MB のものですが、FC2 ブログの制限が 2MB であるため、圧縮率を上げてあります。

元画像

で、これを印刷(ちなみに印刷ボタンを押してから終了音が鳴るまでに3分近くかかりました)して、そのまま DCP-J552N のスキャナーを使用して 600dpi で取り込み SD メモリカードに保存させたものが以下の画像です。

印刷画像

…正直なところ、お世辞でも褒めるのが難しいと言わざるを得ない仕上がりになっているのですが、これはどちらかというと、プリンター側よりもスキャナー側の問題が大きな要因を占めています(印刷された原紙はそれほど酷いものではありません)。
例えばスキャン画像のサイズは「2952 x 2048」と元画像と大差がないにもかかわらず、容量が 300KB 程度とかなり小さくなっており、これはつまり、相当に高い圧縮率で保存されていることになります。
色合いなどもかなりおかしいのですが、DCP-J552N 単体でのスキャンでは原稿サイズと取り込み解像度程度しか指定できる項目はなく(見落としているのかもしれませんが)、これがスキャナー機能の限界品質であるのかどうかは不明です。
この辺りは PC に繋いだあとで、追加で確認してみようと思っています。
それから、写真左上にインク汚れがあるのは、おそらく湾曲した用紙に無理やり印刷したからではないかと思います。
写真ではそれほどにも見えませんが、コレ実は結構、強力にカールしています。

手差しトレイ

上で何度か書いていますが、テストで使用した写真用光沢紙はかなり反り返っています。
これは、もともとは別のプリンターの連続写真印刷機能用の給紙棒に巻きつけられていたロールペーパーで、プリンター廃棄時にもったいないのでとっておいたものなのです。
それをL判サイズに切り出して印刷したのですが、元が丸められた紙であるため、見てのとおり湾曲していますので、通常の給紙用スライドトレイでは使用できません。
というわけで、DCP-J552N についている手差しトレイ機能はありがたいものでした。
ちなみに、取扱説明書の「デジカメプリント」の章では、冒頭に「L判サイズの記録紙および写真用光沢はがきは、必ずスライドトレイにセットしてください。」とあったため、デジカメプリントでは手差しトレイが使えないのかと心配したのですが、少なくとも「こだわり印刷」では、問題なく手差しでデジカメプリントできました。
ただし、手差しトレイは本体裏側にあるため、これを多用する場合は設置場所を選ぶと思います。

無線 LAN

で、その設置場所なのですが、この DCP-J552N は無線 LAN が可能です。
つまり、PC のそばに置いておく必要がないわけで、いっそ玄関付近にでも置いておくと便利ではないか?と思っていたりします。
そうしておくと、「置いておいても使うことはないと思うが、いきなり捨ててしまっていいものかどうか判断に困る」というような、微妙な郵便物などを、とりあえずその場で SD メモリカードにスキャンして捨ててしまう、ということができるわけです。
優柔不断なせいで、「とりあえず」で置いておいた郵便物で玄関付近があふれて片付かないため、この問題が解決されるのではないか、と。
別に PC でやれば済むことなのですが、PC の電源をつけると、ついいつもの WEB サイト巡りを始めて、そうこうしているうちに面倒になってやらないままに忘れて寝てしまうのです(わかっちゃいるけどやめられない♪)。
ただ、SD メモリカードが挿してあるとメモリスロットカバーが閉じられないので、挿しっぱなしにしておくとすると、少し不恰好な気はしますが。
そういえば、この無線 LAN 機能を利用して、RSS 情報の取得もできるようです。
プリンターというデバイスが「紙に印刷する」という枠を超え、いったいどこまで行くのだろうか…と、うっかり思いをはせてしまうところですが、まあ YouTube を表示するくらいまではそのうちになるのだろうという気はしなくもありません。

DCP-J552N 関連記事

関連記事

【同じタグを付けた記事の一覧】
画像管理 電子ブック DCP-J552N

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
Amazonおまかせリンク
カテゴリ
タグクラウド
Amazonお買い得ウィジェット
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
プロフィール

電脳太助

Author:電脳太助
Website:電脳スピーチ web

RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

サイト内検索
Ads by Google
FC2アクセスランキング
Ads by Google
FC2拍手ランキング
ユーザータグ

音楽管理(66)
ポータブル(57)
ソフト紹介(44)
プログラミング(42)
音声技術(41)
自作ソフト(35)
サイト運営(32)
FC2(31)
ブログ(30)
iTunes(27)
Windows(25)
LISMO(24)
音声合成(23)
音声認識(22)
x-アプリ(22)
電子ブック(22)
eラーニング(20)
バックアップ(19)
語学学習(19)
foobar2000(18)
ソースコード(18)
WindowsLiveWriter(15)
画像管理(15)
C++(14)
アフィリエイト(10)
DnspTools(10)
fi-6130(9)
FLAC(9)
JavaScript(9)
ウォークマン(9)
英語音読学習計画(8)
Gracenote(8)
Prolog(8)
ベクター(8)
雑記(8)
CodeBlocks(7)
SyntaxHighlighter(7)
TraConv(7)
spcbght(7)
wxWidgets(7)
VirtualBox(6)
W63CA(6)
DCP-J552N(6)
WinRT(6)
WindowsLiveMesh(6)
iGoinLM(6)
英語発音矯正実験(6)
ExactAudioCopy(6)
MP3Gain(6)
LAME(5)
音楽技術(5)
Mery(5)
楽器演奏(5)
GalateaTalk(4)
nLite(4)
WindowsLiveSkyDrive(4)
ホームページ(4)
GalateaProject(4)
MIDI(4)
LLVM(4)
PC-98(3)
カウンター(3)
AACGain(3)
iTCDini(3)
OverCutChecker(3)
拍手(3)
PK-513L(3)
UniversalExtractor(3)
アクセスランキング(3)
ImageCompositeEditor(2)
アクセス解析(2)
OCR(2)
qtaacenc(2)
資格試験(1)
AquesTalk(1)
AquesCmdDl(1)

FC2アクセスランキング
最新トラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
コンピュータ
161位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ソフトウェア
19位
アクセスランキングを見る>>
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。