スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【同じタグを付けた記事の一覧】

日本語版 Vista で英語音声認識機能を使う

2013年09月23日(月)01時15分

「英語」「スペイン語」「ドイツ語」「フランス語」「中国語」の音声認識

日本語版の Windows Vista では、日本語の音声認識機能を使うことができます。
で、今回はそれの代わりに英語の、あるいは日本語以外の、つまり「英語」「スペイン語」「ドイツ語」「フランス語」「中国語」の音声認識機能を使えるようにする方法について、という内容です。
すべきことは、以前書いた「日本語版 Win7 で英語音声認識機能を使う」とほとんど同じなのですが、コマンドプロンプトで実行するコマンドが違います。

上位エディション

まず、使用している Vista が、上位エディションである「Enterprise」「Ultimate」の場合です。
これら上位エディションでは、「日本語版 Win7 で英語音声認識機能を使う」で書いた Win7 と同様に、「多言語インタフェース」に対応しています。
ですので、Windows Update 経由で各種言語パックをインストールすれば、その言語に対応した音声認識エンジンも(存在すれば)追加されるはずです(自身は所有していないため未確認ですが)。
ということで、今回の説明は、それ以外のエディションに「手動で言語パックをインストールする方法」となります。

言語パックの入手

繰り返しとなりますが、基本的な手順は「日本語版 Win7 で英語音声認識機能を使う」と基本的に同じです。
で、まずは対象言語の「言語パック」が必要になるのですが、これもやはり「Microsoft のサイトのどこかにダウンロード用のページがあるわけではない」ため、この入手が最初の難関となります。
とりあえず、「Vista 言語パック」や「Vista MUI」等で検索しますと、各言語用のダウンロード URL が掲載されているサイトがいくつか見つかるはずです。
注意点も前回と同様で、URL の信頼性(リンク先が Microsoft のサイトになっているかどうか等)の確認をし、また Vista が「x86 版か x64 版か」「ノーマル版かサービスパック1版かサービスパック2版か」等で必要なファイルが変わりますので、その点にも注意します。

言語パックの展開

上記で入手した EXE ファイルを CAB ファイルに展開する手順ですが、これは前回 Win7 よりも簡単です。
EXE ファイルを実行すると、同じフォルダに「lp.cab」という名前の CAB ファイルが生成され、その後以下のようなインストール画面が表示されます。

言語パックのインストール

このインストールは警告が表示されて実行ができず(「次へ」が押せない)、また、キャンセルしてこの画面を閉じると一時生成されていた「lp.cab」も消えてしまいます。
が、閉じない限りは削除されませんので、上記のウインドウを「閉じずに」生成された「lp.cab」を別の場所なコピーし、そのあとで「キャンセル」して閉じます。

言語パックの適用

そうして入手した言語パックを適用しますが、この点が Win7 とは大きく異なります(といってもただ入力するコマンドが違うだけですが)。
以下、上記で確保した「lp.cab」を「C:\LangPack」フォルダに置いたと仮定します。
まず、「スタート → 全てのプログラム → アクセサリ」とクリックしていきます。
そしてそこにある「コマンド プロンプト」を「右クリック」し「管理者として実行」します。
開いた「コマンド プロンプト」画面に以下のコマンドを打ち込み実行(リターンキー)し、インストール完了を待ちます(かなり時間がかかります)。

start /w pkgmgr /ip /m:"C:\LangPack\lp.cab"

インストールが完了すれば「exit」と打ち込みリターンキーを押して「コマンド プロンプト」画面を閉じて終了です。

確認

上記作業が成功していれば「スタート → コントロール パネル → コンピュータの簡単操作 → 音声認識オプション → 音声認識の詳細オプション」でインストールした言語の音声認識が選択できるようになっているはずです。

音声認識のプロパティ

ちなみに米語の認識エンジンは「Windows 用 Microsoft 音声認識エンジン 8.0 (英語 - 米国)」でした。
つまりバージョンが「8.0」ということで、これは Win7 と同じものであり、また、Win8 でも確認してみましたが、これもバージョンは「8.0」でした(自分は Win8 を未所有なため電気屋さんのノートPCで見てみたのですが)。
これまで自分は、Win7 に付いていたバージョンが「8.0」であったことから、てっきり Vista が「7.0」で Win8 が「9.0」なのであろうと思っていたのですが、どうやら音声認識に関しては Vista のときから変化していないようです。

関連記事

【同じタグを付けた記事の一覧】
ソフト紹介 eラーニング Windows 音声技術 語学学習 音声認識

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
Amazonおまかせリンク
カテゴリ
タグクラウド
Amazonお買い得ウィジェット
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
プロフィール

電脳太助

Author:電脳太助
Website:電脳スピーチ web

RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

サイト内検索
Ads by Google
FC2アクセスランキング
Ads by Google
FC2拍手ランキング
ユーザータグ

音楽管理(65)
ポータブル(57)
ソフト紹介(44)
プログラミング(42)
音声技術(41)
自作ソフト(34)
サイト運営(32)
FC2(31)
ブログ(30)
iTunes(26)
Windows(25)
LISMO(24)
音声合成(23)
音声認識(22)
x-アプリ(22)
電子ブック(22)
eラーニング(20)
バックアップ(19)
語学学習(19)
foobar2000(18)
ソースコード(17)
画像管理(15)
WindowsLiveWriter(15)
C++(14)
アフィリエイト(10)
DnspTools(10)
ウォークマン(9)
fi-6130(9)
FLAC(9)
Gracenote(8)
英語音読学習計画(8)
Prolog(8)
JavaScript(8)
ベクター(8)
雑記(8)
CodeBlocks(7)
SyntaxHighlighter(7)
TraConv(7)
wxWidgets(7)
spcbght(7)
DCP-J552N(6)
W63CA(6)
MP3Gain(6)
WinRT(6)
iGoinLM(6)
VirtualBox(6)
WindowsLiveMesh(6)
英語発音矯正実験(6)
ExactAudioCopy(6)
楽器演奏(5)
Mery(5)
LAME(5)
音楽技術(5)
GalateaProject(4)
LLVM(4)
nLite(4)
MIDI(4)
ホームページ(4)
WindowsLiveSkyDrive(4)
GalateaTalk(4)
PC-98(3)
カウンター(3)
AACGain(3)
iTCDini(3)
OverCutChecker(3)
拍手(3)
PK-513L(3)
UniversalExtractor(3)
アクセスランキング(3)
ImageCompositeEditor(2)
アクセス解析(2)
OCR(2)
qtaacenc(2)
資格試験(1)
AquesTalk(1)
AquesCmdDl(1)

FC2アクセスランキング
最新トラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
コンピュータ
112位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ソフトウェア
11位
アクセスランキングを見る>>
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。