スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【同じタグを付けた記事の一覧】

iTunes のマイレートを調べる

2013年02月11日00時46分

iTunes の「マイレート(評価)」機能

iTunes には「マイレート」と呼ばれる、曲のお気に入り具合を星の数で記録しておく機能があります(ただし「マイレート」は以前のバージョンの呼称?で、今は単に「レート」と表記されているようです)。
星の数は0個 ~ 5個までで、つまり合計で6段階(★0、★1、★2、★3、★4、★5の計6個)あることになりますが、「★0」は少し特殊な状態ですので、「評価」として使えるのは、実質的には5段階となります。

マイレートを使わない理由

が、この機能、自分はこれまで使っていませんでした。
というのも、自分の「主観」という極めてあいまいなものを、「数値」という非常に明確な形で表現するというのは、多分に神経質なきらいがある自分にとってはどうにもストレスのたまる作業で、しかもそれが(数十曲~数百曲程度であるならばまだしも)数千曲ともなりますと、とても気力が続かないだろうと思えたからです。
とはいえ、適切なレートを全曲に付けることができるのであれば、それは非常に有益なものとなるであろうことは確かですし、また、以前に「iTunes(Win)で高音質な LAME の MP3 を使う一番簡単な方法」のコメント欄で、マイレートに関する質問があったこともあり、何かうまい方法はないものかと考えてみることにしました(なお、自身の音楽鑑賞スタイルは「全曲シャッフルリピートでスキップはしない」という方式を主とするため、「再生回数やスキップ回数からレートを算出する」という手法は実用的ではありません)。
で、今回はその前段階として、iTunes のマイレート機能についてあれこれと調べてみました。

トラックレートとアルバムレート

まずはじめに、レートはトラック個別に付けるもののほか、アルバム単位でもつけることができます。
これらは基本的に独立しているものなのですが、条件によっては連動します。
例えばトラックレートを「なし(★0)」に設定した場合、もしアルバムレートが設定してあると、その星の数がトラックレートとして表示されます。
また、アルバムレートを「なし(★0)」に設定し、そのアルバムに含まれるトラックに星を付けた場合、それらの平均値がアルバムレートとして表示されることとなります。
ちなみに、この平均値は「レートが設定してあるトラック」のみを対象に算出されますので、例えばアルバムの中の一曲だけを「★5」とすると、それ以外に「★0」のトラックが何曲あっても、アルバムのレートは「★5」となります。
なお、この自動算出されたアルバムレートである「★5」が、さらに「★0」設定された残りのトラックレートとして表示される…、というようなループ状態にはならないようです。

黒星★と白星☆

そして上記項目に関連し、iTunes のレート表示には、黒星★と白星☆の二種類があります。
まず黒星★ですが、これは自分自身で明示的に設定したレートであることを示す表示です。
白星☆となるのは iTunes が自動で付けたレートの場合で、これには二パターンが存在します。
一つはトラックレートを「なし(★0)」としたときに、そのトラックレートとしてアルバムレートが表示されているパターンで、もう一つはアルバムレートを「なし(★0)」としたときに、そのアルバムレートとしてトラックレート平均値が表示されているパターンです。

内部的には100段階

少し視点を変えて、スクリプトやプログラム等、外部から使用する立場から見ますと、この「レート」は、「0 ~ 100」の101段階で取得・設定することになります(以後、この101段階の内部数値を便宜上「評価値」と表記します)。
ただし、「0」は前述のとおり、少し特殊な状態を示しますので、実質的に評価値として使用するのは「1 ~ 100」の100段階となります。
また、100以上を設定した場合には100に、0以下(マイナスの値)を設定した場合には0にされます。

以下に、iTunes 上でレートを付けた場合に、内部で評価値がどうなっているかを記します。

★★★★★ 100
★★★★ 80
★★★ 60
★★ 40
20
0

また、スクリプト等で評価値を直接設定した場合、iTunes 上での星の数は以下のようになります。

100 ★★★★★
80 ~ 99 ★★★★
60 ~ 79 ★★★
40 ~ 59 ★★
20 ~ 39
1 ~ 19  

つまり、「★0 ~ ★4」までは内部的に20段階の幅がありますが、「★5」になれるのは評価値100のみです。
そしてこの「★0 ~ ★4」まで存在する内部の幅ですが、これらは外部的な見た目(星の数)は変わりませんが、内部的には区別されており、例えば同じく「★4」であっても、「レート順」で並べ替えれば、「98」のトラックよりも「99」のトラックの方が上に来ます。
同様に、未評価(評価値0)も低評価(評価値1 ~ 19)も見た目上は「★0」となりますが、これも例えば、スマートプレイリストの条件で「★0以上」等とすると、評価値「1 ~ 19」のトラックはリストアップされますが、評価値0のものは除外されますので、内部的には「0」と「1以上」で別物として扱われていることがわかります。

表示上は10段階

ということで、「内部的には100段階、iTunes 上では5段階」となるのですが、実はトラックの「プロパティ → オプション」に存在する「レート:」項目では「½」という表示があり、以下のように細分化されます。

100 ★★★★★
90 ~ 99 ★★★★½
80 ~ 89 ★★★★
70 ~ 79 ★★★½
60 ~ 69 ★★★
50 ~ 59 ★★½
40 ~ 49 ★★
30 ~ 39 ★½
20 ~ 29
10 ~ 19 ½
1 ~ 9  

つまり「表示上は10段階」とも言えます。
ただ確か、以前のバージョンでは、iTunes 上でこの「½」を設定できたような気がするのですが、いま少し試した限りではできませんでした。
おぼろげな記憶では、単純に星の真ん中あたりをクリックでできたように思うのですが、あるいは何かのキーを併用するとか、何らかの設定をする必要があり、それを忘れているだけで、実は今でもできるのかもしれません。
もっとも、記憶自体が間違いで、もともと½設定は手動ではできなかった可能性もありますが。

一の位の切り捨て現象

いずれにしても、スクリプト等を利用すれば、100段階での設定が可能にはなるのですが、残念ながらこれはあまりお勧めできません。
というのも、場合によっては一の位が切り捨てられる、という事象が確認できたためです。
例えば評価値を「99」とし、トラックの「プロパティ → オプション」画面(レートが表示されている)で何かしらの(レート以外の)設定を変更し確定(OK)すると、評価値の一の位が切り捨てられて「90」となってしまいます。
当然、「1 ~ 9」を設定していると「0」となり、自動評価状態となってしまいます。
この現象は、オプション画面に存在する項目を「変更」せずとも、オプション画面を「更新」するだけで発生しました。
つまり例えば、「再生位置を記録」にチェックを入れて外した(実質的には何も変更されていない)だけの状態でも、「OK」すると切り捨てが発生します。
現象の確認はバージョン「10.6.1.7」と「11.0.1.12」でしか行っていないため、これが iTunes の仕様であるのか、あるいはバージョン依存のものであるのかはわかりません。
が、いずれにせよ、安全性を考慮するなら「100、90、80、70、60、50、40、30、20、10」の10段階で利用するのが良いかと思われます。

「if(iTrack.Rating==0)」は非推奨

最後に、これはプログラミングをする方にしか関係ない話なのですが、トラックの Rating プロパティには、iTunes によって自動的につけられた評価値(白星)が入っている可能性もあるため、注意が必要です。
例えば「iTrack オブジェクトにレートが設定されていない場合には評価値「50」とする」というつもりで、「if(iTrack.Rating == 0)iTrack.Rating = 50;」のようにすると、うまくいかない可能性があります。
つまり、実際にトラックのレートは「なし(★0)」となっていても、アルバムのレートとして「★3(60)」が設定されていると、トラックのレート欄には「☆3」が表示されており、この時 Rating プロパティも「60」を返してきます。
というわけで、「トラックのレート」が付いているかどうかで処理を分ける場合には、ratingKind プロパティを確認する必要があります。
トラックに明示的にレートが設定してある場合には、ratingKind プロパティが「0(= ITRatingKindUser)」となります。
もし、この ratingKind プロパティが「1(= ITRatingKindComputed)」であれば、Rating プロパティの値は「0」かアルバムに設定されたレートです。

関連記事

【同じタグを付けた記事の一覧】
音楽管理 iTunes

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
Amazonおまかせリンク
カテゴリ
タグクラウド
Amazonお買い得ウィジェット
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
プロフィール

電脳太助

Author:電脳太助
Website:電脳スピーチ web

RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

サイト内検索
Ads by Google
FC2アクセスランキング
Ads by Google
FC2拍手ランキング
ユーザータグ

音楽管理(66)
ポータブル(57)
ソフト紹介(44)
プログラミング(42)
音声技術(41)
自作ソフト(35)
サイト運営(32)
FC2(31)
ブログ(30)
iTunes(27)
Windows(25)
LISMO(24)
音声合成(23)
音声認識(22)
x-アプリ(22)
電子ブック(22)
eラーニング(20)
バックアップ(19)
語学学習(19)
foobar2000(18)
ソースコード(18)
WindowsLiveWriter(15)
画像管理(15)
C++(14)
アフィリエイト(10)
DnspTools(10)
fi-6130(9)
FLAC(9)
JavaScript(9)
ウォークマン(9)
英語音読学習計画(8)
Gracenote(8)
Prolog(8)
ベクター(8)
雑記(8)
CodeBlocks(7)
SyntaxHighlighter(7)
TraConv(7)
spcbght(7)
wxWidgets(7)
VirtualBox(6)
W63CA(6)
DCP-J552N(6)
WinRT(6)
WindowsLiveMesh(6)
iGoinLM(6)
英語発音矯正実験(6)
ExactAudioCopy(6)
MP3Gain(6)
LAME(5)
音楽技術(5)
Mery(5)
楽器演奏(5)
GalateaTalk(4)
nLite(4)
WindowsLiveSkyDrive(4)
ホームページ(4)
GalateaProject(4)
MIDI(4)
LLVM(4)
PC-98(3)
カウンター(3)
AACGain(3)
iTCDini(3)
OverCutChecker(3)
拍手(3)
PK-513L(3)
UniversalExtractor(3)
アクセスランキング(3)
ImageCompositeEditor(2)
アクセス解析(2)
OCR(2)
qtaacenc(2)
資格試験(1)
AquesTalk(1)
AquesCmdDl(1)

FC2アクセスランキング
最新トラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
コンピュータ
161位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ソフトウェア
19位
アクセスランキングを見る>>
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。