スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【同じタグを付けた記事の一覧】

Microsoft Speech Platform SDK のインストールとエラー

2011年12月14日(水)00時50分

Software Development Kit

SDK、というのは Software Development Kit の略です。
これは、「何か Microsoft Speech Platform(以下 MSSP)を使用したプログラムを作ろう」というときに使用するもので、つまり今回の記事は「MSSP を使う」側の方にはあまり関係のないお話です。
さらに言うと、作るにしても、例えば JavaScript 等で作る場合には、特に必須というようなものでもありません。

インストールできない

で、この MSSP SDK ですが、エラーが出てインストールできない場合があります。
具体的には以下のようなメッセージが表示されます。

Error writing to file:

Microsoft.Speech.Tools.AppDev.Common.dll.

Verify that you have access to that directory.

MSSP SDK Error

ここで Retry をしても次のメッセージが出てインストールに失敗します(当然 Cancel しても失敗します)。

The installer has encountered an unexpected error installing this package.

This may indicate a problem with this package.

The error code is 2350.

MSSP SDK Retry

.NET Framework 4

これは「Microsoft Speech Platform SDK 11 Release Notes.rtf」に書いてあるのですが、MSSP SDK には .NET Framework 4 が必要で、おそらくこれがインストールされていないために出るエラーです。
つまり、開発環境が Visual Studio 2010 だったりする場合には、.NET Framework 4 も一緒に入ってますので、このエラーは出ないと思われます。
ということで、上記エラーが出た場合には、「Microsoft .NET Framework 4(http://www.microsoft.com/downloads/ja-jp/details.aspx?FamilyID=0A391ABD-25C1-4FC0-919F-B21F31AB88B7)」をインストールしてみてください。
なお、MSSP ランタイムにも .NET Framework は必要ですが、これは古いバージョンでもよいため、ランタイムだけであれば .NET Framework 4 は不要です(Vista や Win7 では標準で入っているもので動作します)。

入れたくない

「C言語で開発しているのでヘッダファイルが欲しいだけ」等で、「それだけのために .NET Framework 4 入れるのはちょっと…」というのであれば、MSSP SDK のインストーラは MSI ファイルですので、コマンドラインで

msiexec /a "MicrosoftSpeechPlatformSDK.msi" targetdir="C:\TEMP\MicrosoftSpeechPlatformSDK" /qn

とでもすれば中身を展開できます(MSI ファイルや展開先のパスは適宜変更してください)。
例に挙げたコマンドであれば「C:\TEMP\MicrosoftSpeechPlatformSDK\ProgramFilesFolder\Microsoft SDKs\Speech\v11.0\Include」に、各種ヘッダファイルが入っています。

MSSP ランタイムは別に必要

SDK はあくまで SDK で、買ってきたばかりの PC にこれをインストールしても、MSSP 自体は使えるようになりません。
つまり、同時に MSSP ランタイムもセットアップされたりはしないので、作ったアプリケーションの動作確認をするためには、SDK とは別に MSSP ランタイムもインストールしておく必要があります。
ちなみに MSSP SDK をインストールした場合には、インストール先の「Redist」フォルダに MSSP ランタイムが「再配布用ファイル」としてそのまま入ってますので、MSSP ランタイムを改めでダウンロードする必要はありません。
もっとも、x64 版 SDK に含まれるランタイムは x64 版のランタイムだと思われますので、x86 版の MSSP 対応アプリケーションを使用する場合には、x86 版の MSSP のランタイムも別途ダウンロード&インストールする必要がありますが。

関連記事

【同じタグを付けた記事の一覧】
プログラミング 音声技術 音声合成

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
Amazonおまかせリンク
カテゴリ
タグクラウド
Amazonお買い得ウィジェット
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
プロフィール

電脳太助

Author:電脳太助
Website:電脳スピーチ web

RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

サイト内検索
Ads by Google
FC2アクセスランキング
Ads by Google
FC2拍手ランキング
ユーザータグ

音楽管理(66)
ポータブル(57)
ソフト紹介(44)
プログラミング(42)
音声技術(41)
自作ソフト(35)
サイト運営(32)
FC2(31)
ブログ(30)
iTunes(27)
Windows(25)
LISMO(24)
音声合成(23)
音声認識(22)
x-アプリ(22)
電子ブック(22)
eラーニング(20)
バックアップ(19)
語学学習(19)
foobar2000(18)
ソースコード(18)
WindowsLiveWriter(15)
画像管理(15)
C++(14)
アフィリエイト(10)
DnspTools(10)
fi-6130(9)
FLAC(9)
JavaScript(9)
ウォークマン(9)
英語音読学習計画(8)
Gracenote(8)
Prolog(8)
ベクター(8)
雑記(8)
CodeBlocks(7)
SyntaxHighlighter(7)
TraConv(7)
spcbght(7)
wxWidgets(7)
VirtualBox(6)
W63CA(6)
DCP-J552N(6)
WinRT(6)
WindowsLiveMesh(6)
iGoinLM(6)
英語発音矯正実験(6)
ExactAudioCopy(6)
MP3Gain(6)
LAME(5)
音楽技術(5)
Mery(5)
楽器演奏(5)
GalateaTalk(4)
nLite(4)
WindowsLiveSkyDrive(4)
ホームページ(4)
GalateaProject(4)
MIDI(4)
LLVM(4)
PC-98(3)
カウンター(3)
AACGain(3)
iTCDini(3)
OverCutChecker(3)
拍手(3)
PK-513L(3)
UniversalExtractor(3)
アクセスランキング(3)
ImageCompositeEditor(2)
アクセス解析(2)
OCR(2)
qtaacenc(2)
資格試験(1)
AquesTalk(1)
AquesCmdDl(1)

FC2アクセスランキング
最新トラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
コンピュータ
135位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ソフトウェア
16位
アクセスランキングを見る>>
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。