スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【同じタグを付けた記事の一覧】

iTunes のトラックを LAME で MP3 化するスクリプト

2011年07月27日(水)18時20分

LAME

LAME というのは WAVE ファイルを MP3 ファイルに変換するプログラムで、iTunes を使って作るよりも音質の良い MP3 ファイルができるといわれています(自分の耳では違いは判りませんが)。
それで以前、iTunes で CD を取り込むときに LAME を使えるようにする「iTunes(Win)で「無理やり」LAME を使うスクリプト」というのを書いたのですが、「既に iTunes に取り込んだトラックに LAME を使えるようにできないか?」というリクエストがちょくちょくありましたので、作ってみました。
「ALAC(Apple ロスレス)を LAME で MP3 に」というのは、現状でも foobar2000 等を使えば可能ではあるのですが、例えば foobar2000 で変換する場合、今(v1.1.7)のところコンバート時にアートワークを引き継いでくれないとか、そもそも元が WAVE ファイルだとタグ情報自体引き継げないとかありますので、そのあたりが今回のスクリプトのアドバンテージと言えなくもありません。

FLAC

FLAC というのは楽曲ファイルのロスレス圧縮形式の一つで、個人的には ALAC 以外のロスレス形式としては一番メジャーなのではないかと思っています。
で、このスクリプトはおまけとして FLAC 化する機能も付いています。
「(iPhone 以外の)スマフォを買って、そっちでもロスレスで聴きたいけど、手持ちのファイルは全部 ALAC」みたいなときには使えるかと思います。

MP3Gain

MP3Gain というのは各 MP3 ファイル同士の音量差を均一化するプログラムで、このスクリプトでは標準でこれを適用します。
ただ、構造上トラックゲインになりますので、「アルバムゲインでないと…」という場合は事前にスクリプトの設定で MP3Gain の適用を切っておいてください。
なお、当然ながら FLAC には適用されません。

その他の機能

「MP3 はカーステに持ち出すために作る」というような用途のために、生成された MP3 ファイルを指定のフォルダ(USB メモリやマイミュージックフォルダ等)にコピーする機能がついています。
またその際、「作った MP3 は持ち出し専用で iTunes + iPod の方では使わない」という場合には、iTunes 側の MP3 トラックを終了時に削除することもできます(逆に言うと標準では生成された MP3 ファイルは iTunes に登録され、元トラックとの二重登録状態になります)。
ついでに書くと、このスクリプトの対象は「iTunes のトラック」ですので、CD トラックを選択すれば CD からの取り込みにも使えます(CD から取り込む場合は iGoinLM.js の方が便利かと思いますが)。

ご注意

自身に必要があって作ったわけではないこともあり、通り一遍の動作確認程度で、厳密な検査(デバッグ)はしておりません。
いきなり何千曲もを対象にして実行、というのは危険ですので、まず小規模なテストをいくつか行い、ある程度の安全を確認した上で本運用に入っていただくようお願いします。

使い方

iAlacLM.js ← これがスクリプト本体です。
使い方は iGoinLM.js と変わりありませんので、「iTunes(Win)で「無理やり」LAME を使うスクリプト」や「iTunes(Win)で高音質な LAME の MP3 を使う一番簡単な方法」を参考に環境を整えてください。
簡単に書くと、「lame.exe」「mp3gain.exe」「flac.exe」をスクリプトと同じフォルダに置き、iTunes 上で対象とするトラックを選択した状態で、スクリプトを実行するだけです。
注意点として iTunes の設定で「[iTunes Media]フォルダーを整理」にチェックしておくのを忘れないでください。
これを忘れますと出来上がった MP3 ファイルのファイル名が意味不明の英数字になります。

ご使用前に

iAlacLM.js を「メモ帳」等で開いてください。
先頭部分に設定項目が説明付きで並んでいますので、これを書き換えることで以下のような動作の変更を行えます。

  • MP3 を生成しない(FLAC のみ生成)。
  • LAME で使用するコマンドライン(標準では「-V 0 --noreplaygain」)。
  • MP3Gain を適用しない。
  • MP3Gain の調整値(標準では 89.0)。
  • MP3 の外部保存先。
  • iTunes への登録をしない。
  • 元ファイルの再生回数を引き継がない。
  • ロスレス(WAVE、AIFF、ALAC)以外も対象にする。
  • FLAC を生成する(標準では生成しない)。
  • FLAC で使用するコマンドライン(標準では「-8 --replay-gain」)。
  • FLAC の保存先(標準では「\マイ ミュージック\FLAC」)。

なお、書き換えはほとんどの部分で半角英数字を使います。
全角英数字では正しく動作しないのでご注意ください。
またフォルダ名を指定する際には、パス区切り記号の「\」は「\\」と二重にする必要があります。

iTunesやx-アプリ関連の自作ツール一覧

iTunesでLAME」や「ウォークマン高画質化」等、iTunesx-アプリ向けの自作ソフトやスクリプトをまとめたページ、「iTunesやx-アプリ関連の自作ツール一覧」を作りました。

関連記事

【同じタグを付けた記事の一覧】
自作ソフト DnspTools ポータブル 音楽管理 FLAC LAME MP3Gain iGoinLM iTunes

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ありがたく使わせて頂きます

iTunesが非常に使いやすい!そのため今までiTunesでばかり初期設定のまま抜き出していたのですが、あぁ、128kbps・・そんなことを後に知ることになりながらLameの存在を知りました。Lameについて調べるとEACやらCDexしかでてきません。高音質!みたいな字が踊る中、EACの面倒な設定が嫌で結局iTunes(この時点で320kbpsにはしている)で以後も抜き出すことに

まさかLameをiTunesで使えるはずはないだろうと勝手に思っていたのですが、偶然このサイトを発見しとても助かりました。これで念願のLameデビューです!Lameに一番いい設定なるものを探して、こちらのスクリプトに入力。これで精神的に安心できました(笑)本当はプラシーボ程度なのかもしれませんが・・

iGoinLMの説明記事のコメントからこちらに飛んできたのですが、私はアルバムアートもいらない上に好きな曲だけ取り出す人間なので、CDの取り出しにもこのiAlacLMを使わせていただいております。というわけでこちらにコメントさせていただいています

iTunesの外部スクリプトなんていう存在があるのは、Lyrics Masterを使っていて知っていたのですが、Jscriptですか。varとか書いてあって、プログラミングを本当に少しかじった程度の私にはJavascriptにしか見えていなかったのに、Windows Script Hostが立ち上がり何事か!と思ったのですが、ちょっと違うんですね。しかし、このスクリプトの中身を見てると、コメントの説明も詳しくて、プログラミングに挫折したかつての私に「またやらないか」とささやいてくれるそんな存在になりました

いろいろな意味で感謝を申し上げたいと思います

Re: ありがたく使わせて頂きます

はじめまして、satakeさん。
128kbps…、自分も最初に音楽ライブラリ構築を試みたときはこれでしたね。
それから幾度もの挫折を経ながらここに至っております。

一応iGoinLMもトラックを選択して取り込めますし、アートワークの自動取得もオフにできます。
そのあたりを踏まえて、まずはiGoinLMを自分用に改造することで
プログラミング再デビューというのはいかがでしょうか?
自分もJavaScriptはネットで公開されていたスクリプトの「ここがもうちょっとこうなら…」
という部分を、やむなく自力改造するところから入りましたので、これは結構アリだと思います。

WSHはバッチファイルの高機能版という感じで、使えると自動化に何かと便利ですし、
JavaScriptは応用範囲も広く、この先もちょっとやそっとでは消えない言語だと思いますので、
かなりお勧めです。

それでは。

Re: Re: ありがたく使わせて頂きます

iGoin LMもトラックごとに取り出せましたか。ちゃんと使わないうちに勝手なことを言ってました。すみません

iGoin LMの改造。その提案はいいですね。ぜひそこから初めてみたいと思います。バッチによれば歌詞検索を今後も実装することがないとのことで、ちょっとこれはやってみたいです。どうせならこれ1個で色々できたほうが快適ですもんね。しかし、利便性を考えるとGUIでできないかなと思うのですが、そこら辺が難しいか・・

JavaScriptは「どうせWEB上で動かすためだけのもので、ローカルで動くようなのは作れないだろう」などと思っていたのですが、バッチの高機能版ですか。WSHのようなものは初めて知ったので、よく調べてJavaScriptを勉強したいと思います。以前から、私のような素人にも簡単そうで気になってはいた言語なんですよね。書籍とか買って使うのが楽しみです

ご提案までいただき、ありがとうございます
最新記事
最新コメント
Amazonおまかせリンク
カテゴリ
タグクラウド
Amazonお買い得ウィジェット
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
プロフィール

電脳太助

Author:電脳太助
Website:電脳スピーチ web

RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

サイト内検索
Ads by Google
FC2アクセスランキング
Ads by Google
FC2拍手ランキング
ユーザータグ

音楽管理(65)
ポータブル(57)
ソフト紹介(44)
プログラミング(42)
音声技術(41)
自作ソフト(34)
サイト運営(32)
FC2(31)
ブログ(30)
iTunes(26)
Windows(25)
LISMO(24)
音声合成(23)
音声認識(22)
x-アプリ(22)
電子ブック(22)
eラーニング(20)
バックアップ(19)
語学学習(19)
foobar2000(18)
ソースコード(17)
画像管理(15)
WindowsLiveWriter(15)
C++(14)
アフィリエイト(10)
DnspTools(10)
ウォークマン(9)
fi-6130(9)
FLAC(9)
Gracenote(8)
英語音読学習計画(8)
Prolog(8)
JavaScript(8)
ベクター(8)
雑記(8)
CodeBlocks(7)
SyntaxHighlighter(7)
TraConv(7)
wxWidgets(7)
spcbght(7)
DCP-J552N(6)
W63CA(6)
MP3Gain(6)
WinRT(6)
iGoinLM(6)
VirtualBox(6)
WindowsLiveMesh(6)
英語発音矯正実験(6)
ExactAudioCopy(6)
楽器演奏(5)
Mery(5)
LAME(5)
音楽技術(5)
GalateaProject(4)
LLVM(4)
nLite(4)
MIDI(4)
ホームページ(4)
WindowsLiveSkyDrive(4)
GalateaTalk(4)
PC-98(3)
カウンター(3)
AACGain(3)
iTCDini(3)
OverCutChecker(3)
拍手(3)
PK-513L(3)
UniversalExtractor(3)
アクセスランキング(3)
ImageCompositeEditor(2)
アクセス解析(2)
OCR(2)
qtaacenc(2)
資格試験(1)
AquesTalk(1)
AquesCmdDl(1)

FC2アクセスランキング
最新トラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
コンピュータ
112位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ソフトウェア
11位
アクセスランキングを見る>>
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。