スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【同じタグを付けた記事の一覧】

foobar2000 を使うことに(カーネルストリーミング出力編)

2011年06月21日(火)19時52分

foobar2000 移行計画目次

必要な機能の設定

iTunes から foobar2000 に移行することを決め、「foobar2000 を使うことに(インストール編)」でその経緯と foobar2000 のインストールまでを書きました。
あとは、自分が foobar2000 に求める以下の3機能に必要な作業をメモしていく予定なのですが、今回はその前にちょっと寄り道です。

なお、これ以降の説明やスクリーンショットは、「foobar2000 を使うことに(インストール編)」で作った、foobar2000 1.1.7 をポータブル版としてインストールし日本語化パッチを当てたものを前提としています。

カーネルストリーミング出力

その寄り道というのが、カーネルストリーミング出力についてです。
これは何かという話ですが、まず前提として、Windows では通常、各アプリケーションから出力された音声は、全て一度カーネルミキサーと呼ばれる個所に集められ、そこで形式の統一や音量の調整などの処理を施されたあと一つの音声としてまとめられ、それがサウンドボードに送られる、ということがあります。
そして、このカーネルミキサーで行われる各種の処理というのが、残念ながらあまり精度の高いものではないそうで、音質的にはこれが劣化の要因となるらしいのです。
そのため、音楽再生においては、できればここを通さない方がよいといわれており、そのための方法の一つがこのカーネルストリーミング出力というものです。
自分がその違いを判別できるだけの耳を持っているのか?と問われれば自信を持って「持っていません」と答えられるわけですが、とはいえ「こちらの方が良い」と言われている方法があるのであれば、とりあえずはやっておきたいと思うわけです。

WinXP 以前と Vista 以降

というわけで、そのカーネルストリーミング出力を foobar2000 で使用するわけですが、これには foo_out_ks.dll というコンポーネントを導入することになります。
ただし、foo_out_ks.dll を使うのは OS が WinXP の場合で、Vista からは音声出力の仕組みが大きく変更されたため、代わりに foo_out_wasapi.dll というコンポーネントを使う必要があるようです。
自分は未だ WinXP を使用中ですので、これ以降の説明は foo_out_ks.dll のものとなります。

foo_out_ks.dll

foo_out_ks.dll を使用するには、まず「http://www.foobar2000.org/components/view/foo_out_ks」からダウンロード・解凍してできた foo_out_ks.dllfoobar2000 のインストールフォルダにある「components」フォルダにコピーします。
コピーした後で foobar2000 を起動すると「Library → Configure → Playback → Output」画面の「出力デバイス」のリストに「KS:~」と書かれた項目が増えています。
この先頭についた「KS」がカーネルストリーミング(Kernel Streaming)のことで、これを選択することでカーネルストリーミング出力が可能になります。

カーネルストリーミング設定

初回再生時

設定変更後、最初の再生時に以下のようなメッセージが表示されます。

Kernel streaming output is EXPERIMENTAL,use it at your own risk;using it may lead to system instability on certain configurations.If you encounter any problems while using kernel streaming output,please switch back to DirectSound output.

カーネルストリーミング警告

これは、「システムが不安定になるかもしれませんので自己責任で使用し、問題がある場合は DirectSound 出力(先頭に「DS:」がついているもの)に戻してください」というような意味の警告文です。
この警告文が出るのは最初の一回だけで、この警告ウインドウを閉じれば二度目以降は出なくなります。

問題発生時には

「変更したら音が出ない」という場合、もしリストに複数の「KS:」で始まる項目があるなら、選択項目を間違えている可能性がありますので、他の項目を選択しなおします。
あるいは、選択後に一度 foobar2000 を終了させ、再度起動したりすることで使えるようになることもあるみたいです。
どうやっても音が出ないという場合は、使用しているサウンドカードやドライバがカーネルストリーミング出力に対応していないと考えられますので、そのときは DirectSound 出力(先頭に「DS:」がついているもの)に戻します。

関連記事

【同じタグを付けた記事の一覧】
音楽管理 foobar2000

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ASIO4allでいいんじゃないですか?

Re: No title

はじめまして。

自分の知る限りではfoo_out_ks.dllもASIO4ALLも
どちらもサウンドボードへの直接出力のために
WindowsのKernel Streamingという機能を利用しています。
つまり内部的には同じことですので、ASIO4ALLでもいいと思います。

ですが、foo_out_ks.dllはfoobar2000専用に作られており、
ASIO4ALLはASIOという規格に対応したソフトウェアで汎用的に使えるようにしてあります。
そのためfoobar2000での使用に限定した場合、
foo_out_ks.dllでは「foobar2000 → サウンドカード」となりますが、
ASIO4ALLだと「foobar2000 → ASIO4ALL → サウンドカード」と
汎用化のためASIO4ALLへ「回り道」することになります。

他にもASIOに対応したソフトウェアを併用していて既にASIO4ALLを使っている場合は
この「回り道」に統一することでfoo_out_ks.dllが不要になるという意味はありますが、
自分のようにfoobar2000しか使っていないような場合には余計な「回り道」でしかありませんので、
どうせ同じことなら、とfoo_out_ks.dllを使っています。
最新記事
最新コメント
Amazonおまかせリンク
カテゴリ
タグクラウド
Amazonお買い得ウィジェット
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
プロフィール

電脳太助

Author:電脳太助
Website:電脳スピーチ web

RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

サイト内検索
Ads by Google
FC2アクセスランキング
Ads by Google
FC2拍手ランキング
ユーザータグ

音楽管理(66)
ポータブル(57)
ソフト紹介(44)
プログラミング(42)
音声技術(41)
自作ソフト(35)
サイト運営(32)
FC2(31)
ブログ(30)
iTunes(27)
Windows(25)
LISMO(24)
音声合成(23)
音声認識(22)
x-アプリ(22)
電子ブック(22)
eラーニング(20)
バックアップ(19)
語学学習(19)
foobar2000(18)
ソースコード(18)
WindowsLiveWriter(15)
画像管理(15)
C++(14)
アフィリエイト(10)
DnspTools(10)
fi-6130(9)
FLAC(9)
JavaScript(9)
ウォークマン(9)
英語音読学習計画(8)
Gracenote(8)
Prolog(8)
ベクター(8)
雑記(8)
CodeBlocks(7)
SyntaxHighlighter(7)
TraConv(7)
spcbght(7)
wxWidgets(7)
VirtualBox(6)
W63CA(6)
DCP-J552N(6)
WinRT(6)
WindowsLiveMesh(6)
iGoinLM(6)
英語発音矯正実験(6)
ExactAudioCopy(6)
MP3Gain(6)
LAME(5)
音楽技術(5)
Mery(5)
楽器演奏(5)
GalateaTalk(4)
nLite(4)
WindowsLiveSkyDrive(4)
ホームページ(4)
GalateaProject(4)
MIDI(4)
LLVM(4)
PC-98(3)
カウンター(3)
AACGain(3)
iTCDini(3)
OverCutChecker(3)
拍手(3)
PK-513L(3)
UniversalExtractor(3)
アクセスランキング(3)
ImageCompositeEditor(2)
アクセス解析(2)
OCR(2)
qtaacenc(2)
資格試験(1)
AquesTalk(1)
AquesCmdDl(1)

FC2アクセスランキング
最新トラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
コンピュータ
126位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ソフトウェア
14位
アクセスランキングを見る>>
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。