スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【同じタグを付けた記事の一覧】

fi-6130 で方眼紙をスキャンして歪み検査

2011年06月14日(火)20時47分

【追記:2014/05/26】「DCP-J552N で方眼紙をスキャンして歪み検査」において追加の確認作業を行いました。

前回の続きです

fi-6130 で方眼紙をスキャンして、取り込み画像に歪(ゆが)みがあるか確認してみましょう、ということで前回(GT-8700F で方眼紙をスキャンして歪み検査)の続きです。
改めて説明しますと、スキャナによっては取り込んだ画像が酷く歪んでしまうものがあるらしいため、等間隔でまっすぐひかれた線(原稿用紙や方眼紙)をスキャンすることで、間隔や直線が正しく表現されているかどうか検査してみる、というお話です。

テスト条件

で、今回は富士通の ADF スキャナ fi-6130 です。

スキャン条件は前回と同じく、自分が普段書籍(のうちカラー雑誌など)を電子化する際に使用しているのと同じ、「解像度 400dpi の 24bit カラー」でスキャンしました。
そしてこれも前回と同じく、FC2 ブログの仕様もあり、元画像は 25%、比較のために加工した画像は 50% に縮小したうえで、品質 80% の JPEG 圧縮で掲載しています。

4枚の画像

前回との違いとして、fi-6130 は両面スキャンが可能で、つまり CCD センサー(カメラ)が裏と表で2ユニット存在します。
まあ、普通に考えてどちらも同じ製品(センサー)を使っているだろうとは思いますが、個体差の参考にはなるかもしれませんので、両方とも試しています。
また、以前「fi-6130 の自動用紙サイズ検出は傾きも補正する」で書いたのですが、fi-6130 で「自動用紙サイズ検出」をオンにすると、「背景黒」かつ「傾き補正あり」になります。
つまりこれで「背景黒」と「傾き補正」の効果をまとめて確認できるため、それと比較用の普通(「背景白」で「傾き補正なし」)にスキャンしたものとの2種類を作りました。
その結果、今回は一つの例につき計4枚の画像が並びます。
そしてその並び方は、まず前面(下部)センサーの裏当て白・黒の2種類、次に後面(上部)センサーの裏当て白・黒の2種類となります。

全体図

元になる方眼紙のスキャン画像です。
勇んで4枚並べてみましたが、言われてみれば1・3枚目より2・4枚目の方が若干暗いかなと思う程度で、正直いってあまり大差ないように見えます。

[fi-6130]前白表 [fi-6130]前黒表
[fi-6130]後白表 [fi-6130]後黒表

上下比較(左右の歪み)

中央部分を切り抜いて上下部分のみを貼り合わせたものです。
全体的に、どちらかというと前回よりズレが少なくなっています。

[fi-6130]前白上下 [fi-6130]前黒上下
[fi-6130]後白上下 [fi-6130]後黒上下

左右比較(上下の歪み)

中央部分を切り抜いて左右部分のみを貼り合わせたものです。
前回と同じくほとんどズレていません。

[fi-6130]前白左右 [fi-6130]前黒左右
[fi-6130]後白左右 [fi-6130]後黒左右

裏写り

考えてみれば方眼紙にはもともと裏写りが確認できるほど濃い線は引かれていないうえ、その線も青色ということもあり、このテストはどうにも失敗したかなという感じです。
あまり意味のある情報にはなりませんでした。

[fi-6130]前白裏 [fi-6130]前黒裏
[fi-6130]後白裏 [fi-6130]後黒裏

まとめ

この確認作業は、ネットの掲示板などで、「ADF スキャナは歪みやすい」「(比較的高価な機種である)fi-6130 でも歪む」みたいな書き込みをいくつか見たのでやってみました。
で、やってみればすぐにわかる程度の歪み、少なくともフラットベッドよりも酷い歪みが生じるのだろうと思っていたのですが、自分の感想としては「両者とも歪むというほどではないな」というものでした。
「これはおかしい」「何かやり方が間違っているのか?」と思い、改めてネットを検索したりした結果、どうも「要求レベルが違う」というのが結論のように思いました。
自分の場合、A4の端と端で0.5ミリほどズレるぐらいであれば「誤差の範囲」程度の感覚で、気づきさえしないレベルだったのですが、これに気づけるレベルの人にとっては、0.5ミリもズレれば不良品クラスの容認できない歪み、ということのようです。
そういう観点から見ると、前回GT-8700F の最後で自分は「優秀です。」とか書いていますが、見る人が見れば「100% アウト」ぐらいのものだったのかもしれません。

関連記事

【同じタグを付けた記事の一覧】
画像管理 電子ブック fi-6130

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
Amazonおまかせリンク
カテゴリ
タグクラウド
Amazonお買い得ウィジェット
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
プロフィール

電脳太助

Author:電脳太助
Website:電脳スピーチ web

RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

サイト内検索
Ads by Google
FC2アクセスランキング
Ads by Google
FC2拍手ランキング
ユーザータグ

音楽管理(66)
ポータブル(57)
ソフト紹介(44)
プログラミング(42)
音声技術(41)
自作ソフト(35)
サイト運営(32)
FC2(31)
ブログ(30)
iTunes(27)
Windows(25)
LISMO(24)
音声合成(23)
音声認識(22)
x-アプリ(22)
電子ブック(22)
eラーニング(20)
バックアップ(19)
語学学習(19)
foobar2000(18)
ソースコード(18)
WindowsLiveWriter(15)
画像管理(15)
C++(14)
アフィリエイト(10)
DnspTools(10)
fi-6130(9)
FLAC(9)
JavaScript(9)
ウォークマン(9)
英語音読学習計画(8)
Gracenote(8)
Prolog(8)
ベクター(8)
雑記(8)
CodeBlocks(7)
SyntaxHighlighter(7)
TraConv(7)
spcbght(7)
wxWidgets(7)
VirtualBox(6)
W63CA(6)
DCP-J552N(6)
WinRT(6)
WindowsLiveMesh(6)
iGoinLM(6)
英語発音矯正実験(6)
ExactAudioCopy(6)
MP3Gain(6)
LAME(5)
音楽技術(5)
Mery(5)
楽器演奏(5)
GalateaTalk(4)
nLite(4)
WindowsLiveSkyDrive(4)
ホームページ(4)
GalateaProject(4)
MIDI(4)
LLVM(4)
PC-98(3)
カウンター(3)
AACGain(3)
iTCDini(3)
OverCutChecker(3)
拍手(3)
PK-513L(3)
UniversalExtractor(3)
アクセスランキング(3)
ImageCompositeEditor(2)
アクセス解析(2)
OCR(2)
qtaacenc(2)
資格試験(1)
AquesTalk(1)
AquesCmdDl(1)

FC2アクセスランキング
最新トラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
コンピュータ
161位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ソフトウェア
19位
アクセスランキングを見る>>
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。