スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【同じタグを付けた記事の一覧】

FC2 アクセス解析のログ整形表示スクリプト

2010年09月10日(金)20時00分

FC2 アクセス解析導入

FC2 アクセス解析を導入しました、…と言ってももう一ヶ月以上前の話ですが。
ブログを始めた当初、「データ解析なんていうのはデータ(量)がなければ意味がない。もし1日数百~数千アクセスあるような人気サイトになるようなことがあれば、その時に記念として導入しよう」などと考えていました。
そして現在のところ1日に百アクセス程度であり、数百や数千という数字には到底届かないわけですが、しかしながら、その内訳というのが気になっていました。
例えば訪問されている方の大半が、自分の予想もしていない検索ワードで、さして得られる情報も無いページにたどり着き、そして失望とともに去っておられた、という可能性もあります。
自分が見てほしいと思っているページが、自分が見てもらいたいと思っている方によって読まれているのかどうか、実際には気になっているのに、「数百いってから…、数千いってから…。」と、「おあずけ」し続ける必要があるのだろうか?ということで使ってみることにしました。

解析結果表示ページの問題

導入に関しては、サービス登録をして解析用 HTML タグをブログのテンプレートの BODY タグに貼りつけるだけで、特に書くこともなかったのですが、問題?なのが解析結果の表示方法です。
リンク元やクリック先、検索ワード、ホストの追跡、といろいろありますが、大体どれも合計数が多い順に並んでいます。
もちろん、1日に数千アクセスとかある場合は、もういちいち個別に追っていられませんので、「上位陣をさっと確認する」という使い方になると思いますから、この並び方が合理的になると思います。
ただ、数百アクセスぐらいの、「個別に追えるが、個別に覚えておけるほどではない」量で、かつ気になって日に何度もデータを確認してしまう(こういうのは最初のうちだけかもしれませんが)場合ですと、一回ごとに合計数で再整列されると、いちいち上位からすべて確認しては、「これは見た。これも見た。…これは新規に増えたデータ?」といった感じで、すでに確認済みのものとそうでないものがあいまいになり、ちょっと面倒です。

ログファイル

ということで、前に見た時から増えた情報をてっとり早く確認したい、例えば「間近のアクセス情報から時系列で順に並んでいる」ような形式で欲しいと思ったのですが、この形式にいちばん近い(もしくはそのもの)のが「アクセス情報 → ログダウンロード → 全てのページ → CVS形式 → ダウンロード」で入手できる CVS ファイルのようです。
ただし、このログファイルは単純に全アクセス情報が時系列で並んでいるため、各 IP アドレス(訪問者)がどういうページからどういうページへ移動していったのか、といった情報の確認が面倒で、それはそれで使いづらい状態だったりします。

IP アドレス別に時系列降順で表示するスクリプト

といった経緯で、このログファイルの内容を、まず IP アドレスごとにまとめなおし、その後最近アクセスのあった IP アドレスから順に並べて表示するスクリプトを書きました。
このスクリプトに、ダウンロードしたログファイルを読み込ませると、こんな感じで表示されます。

121.103.xx.xxx(p0123b4.tkyoea56.ap.so-net.ne.jp)
12:59.39 DnspTools フォルダの作り方 iTunes(Win)で高音質な LAME の MP3 を使う一番簡単な方法
12:57.10 iTunes(Win)で高音質な LAME の MP3 を使う一番簡単な方法 iTunes(Win)で「無理やり」LAME を使うスクリプト
12:47.47 iTunes(Win)で「無理やり」LAME を使うスクリプト google(itunes lame win)
183.76.xxx.xxx(ab012345.dynamic.ppp.asahi-net.or.jp)
09:26.46 Portable-VirtualBox 3.2.6 を使う google(portable virtualbox)
203.114.xxx.xxx(203-114-xxx-xxx.ppp.bbiq.jp)
01:37.33 Microsoft Speech Platform 10.2 Microsoft Speech Platform の日本語音声合成エンジン
01:36.34 Microsoft Speech Platform の日本語音声合成エンジン yahoo(Microsoft Speech Platform)

スクリプトの準備

FC2AnaLogResort.txt ← 矢印左側の文字の上で右クリックし、「対象をファイルに保存(A)…」してダウンロードします。

FC2AnaLogResort対象をファイルに保存

ダウンロードした「FC2AnaLogResort.txt」を右クリックし、「プロパティ」を見て、「ブロックの解除」ボタンがあれば押して「OK」します。

FC2AnaLogResortブロックの解除

ダウンロードした「FC2AnaLogResort.txt」の拡張子(末尾の3文字)を「txt」から「bat」に変更し「FC2AnaLogResort.bat」とします。

FC2AnaLogResort拡張子変更

FC2AnaLogResort.bat」に表示したいログ(CVS)ファイルをドラッグ&ドロップするか、「FC2AnaLogResort.bat」を SendTo フォルダ(Vista や Win7 なら「C:\Users\ユーザー名\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\SendTo」、WinXP なら「C:\Documents and Settings\ユーザー名\SendTo」)にコピーして右クリックの「送る」コマンドで起動してください。

FC2AnaLogResort

URL → 記事タイトル置換リスト(FC2 ブログ限定)

FC2AnaLogResort.bat」を「右クリック → 編集」すると内容(TEXTファイル)の編集ができると思います。
その先頭付近にある変数「var PageTitle=」の部分に「URL → 記事タイトル」の変換表を記述しておくと、表示の際に記事タイトルで表示されるようになります。
ただ、既に投稿した記事が数百~ある場合に、手作業で登録するのは面倒かと思いますので、FC2 ブログ限定になりますが、この置換リストを自動生成するサポート・スクリプトも書いてみました。
といっても「FC2 ブログをメモ帳と JavaScript で遊ぶ」で作ったサンプル・スクリプトを少し改造しただけですが。
FC2BlogURLister.js ← 矢印左側の文字の上で右クリックし、「対象をファイルに保存(A)…」してダウンロードします。
ダウンロードした「FC2BlogURLister.js」を「右クリック → 編集」し、「ユーザーID」と「パスワード」を設定したあと実行しますと「FC2BlogURLister.txt」が生成されますので、その中の変数「PageTitle」を、「FC2AnaLogResort.bat」の「PageTitle」と差し換えてください。

「未登録ページ」と「解析ページの登録」と120ページ制限

FC2 アクセス解析のトップページには「120ページ解析が可能。解析できるページ数は120ページです。」とあり、これを見て、「ひょっとしてブログのトップページではなく、個別の記事ごとに解析タグを貼る必要があるのか?」あるいは「一つの ID で120個ものブログの解析ができるのか?」などと考えていたのですが、これはどうやら解析タグを貼ったブログの中で、さらに個別の記事に限定した解析結果を確認することができ、その個別分析対象として登録できる数が120個まで、ということらしいです。
で、「分割して確認しなければならないほどアクセス数はない」し「ブログ全体の傾向がつかめればよいから」ということで、「解析ページ」未登録の状態ですと、困ったことにログファイルの「Access URL」、つまりスクリプトで表示されるテーブルの左側部分が、全て「未登録ページ(UNREGISTER PAGES)」になってしまいます。
登録されていなくても URL が設定されていれば便利だと思うのですが、現状そうなっておりませんので、特にアクセスが多いと予想されるージについては、「解析ページの登録」をしておくと見やすくなると思います。
未設定でも、「HTTP Referer(テーブルの右側)」をたどることで、予想がつくパターンも多いと思いますが。

【追記:2011/08/30】バージョンアップ

従来、IP アドレスを中央寄せで表示していましたが、URL 表示部分が長い場合に確認が面倒なため左寄せに変更しました。
それと、URL デコード部分にヌルコムアーカイブス・デジタル制作室様が公開されている「ecl.js(Escape Codec Library)」を使用するように変更しました(「配布:可」とされているだけで使用条件が今一つはっきりせず、サイトもインフォシークのサービス終了に伴って消失しているため、勝手ながら必要部分のみを抜粋して直接埋め込ませていただきました)。
検索ワードやタグ文字が含まれた URL が見やすくなると思います。

関連記事

【同じタグを付けた記事の一覧】
自作ソフト FC2 ポータブル サイト運営 アクセス解析 ブログ

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
Amazonおまかせリンク
カテゴリ
タグクラウド
Amazonお買い得ウィジェット
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
プロフィール

電脳太助

Author:電脳太助
Website:電脳スピーチ web

RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

サイト内検索
Ads by Google
FC2アクセスランキング
Ads by Google
FC2拍手ランキング
ユーザータグ

音楽管理(66)
ポータブル(57)
ソフト紹介(44)
プログラミング(42)
音声技術(41)
自作ソフト(35)
サイト運営(32)
FC2(31)
ブログ(30)
iTunes(27)
Windows(25)
LISMO(24)
音声合成(23)
音声認識(22)
x-アプリ(22)
電子ブック(22)
eラーニング(20)
バックアップ(19)
語学学習(19)
foobar2000(18)
ソースコード(18)
WindowsLiveWriter(15)
画像管理(15)
C++(14)
アフィリエイト(10)
DnspTools(10)
fi-6130(9)
FLAC(9)
JavaScript(9)
ウォークマン(9)
英語音読学習計画(8)
Gracenote(8)
Prolog(8)
ベクター(8)
雑記(8)
CodeBlocks(7)
SyntaxHighlighter(7)
TraConv(7)
spcbght(7)
wxWidgets(7)
VirtualBox(6)
W63CA(6)
DCP-J552N(6)
WinRT(6)
WindowsLiveMesh(6)
iGoinLM(6)
英語発音矯正実験(6)
ExactAudioCopy(6)
MP3Gain(6)
LAME(5)
音楽技術(5)
Mery(5)
楽器演奏(5)
GalateaTalk(4)
nLite(4)
WindowsLiveSkyDrive(4)
ホームページ(4)
GalateaProject(4)
MIDI(4)
LLVM(4)
PC-98(3)
カウンター(3)
AACGain(3)
iTCDini(3)
OverCutChecker(3)
拍手(3)
PK-513L(3)
UniversalExtractor(3)
アクセスランキング(3)
ImageCompositeEditor(2)
アクセス解析(2)
OCR(2)
qtaacenc(2)
資格試験(1)
AquesTalk(1)
AquesCmdDl(1)

FC2アクセスランキング
最新トラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
コンピュータ
111位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ソフトウェア
12位
アクセスランキングを見る>>
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。